経路分岐を設定する

経路分岐は、申請フォームごとに設定します。
補足
  • 経路分岐の設定は、ほかの申請フォームと共有できません。
    共有経路が適用されている申請フォームでも、申請フォームごとに経路分岐を設定する必要があります。

【1】経路分岐の設定の流れを確認する

作業を開始する前に、経路分岐の設定の流れを把握し、作業に必要な情報をメモに書き出します。
詳細は、経路分岐の設定の流れを参照してください。

【2】申請フォームの項目を分岐項目に指定できるかを確認する

分岐項目とは、経路を分岐する条件になる項目です。
分岐項目に使用できる項目タイプは限定されているため、経路分岐を設定する申請フォームには、下記の項目が1つ以上登録されている必要があります。
分岐項目に設定できる項目タイプ
  • メニュー
  • ラジオボタン
  • チェックボックス
  • 数値:
    承認者に編集権限が付与された「数値」項目は、分岐項目に設定できません。
  • 自動計算:
    承認者に編集権限が付与された「数値」項目を使用している「自動計算」項目は、分岐項目に設定できません。
「数値」項目のアクセス権を確認する場合は、項目にアクセス権を設定する方法を参照してください。
作成済みの申請フォームで項目を確認する場合
作成済みの申請フォームに経路分岐を設定する場合は、申請フォーム内の項目を分岐項目に指定できるかどうかを確認します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [ワークフロー]をクリックします。
  1. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  1. 「申請フォームの一覧」画面で、経路分岐を設定する申請フォームが配置されているカテゴリーを選択します。
  1. 経路分岐を設定する申請フォーム名をクリックします。
  1. 「申請フォームの項目一覧」で、分岐項目に指定できる項目があるかどうかを確認します。
    項目名と項目タイプを対で確認できます。
    申請フォームの項目一覧の例 Click to zoom this image

    a) 備品購入の合計金額に応じて経路を分岐する場合は、「合計金額」項目を分岐項目に使用します。


申請フォームに、分岐項目に指定する項目がない場合は、必要な項目を追加します。
申請フォームを変更する
申請フォームに項目を追加する

【3】分岐項目を指定する

経路分岐の設定では、最初に分岐項目を指定します。
分岐項目は1つだけ指定できます。複数の分岐項目を組み合わせた経路分岐は設定できません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [ワークフロー]をクリックします。
  1. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  1. 「申請フォームの一覧」画面で、経路分岐を変更する申請フォームが配置されているカテゴリーを選択します。
  1. 経路分岐を変更する申請フォーム名をクリックします。
  1. 「申請フォームの詳細」画面で、「申請フォーム情報」の[無効にする]をクリックします。
    申請フォームの詳細画面の例 Click to zoom this image
    作業をスムーズに行うため、編集を開始する前に、申請フォームを無効にすることを推奨します。
    申請フォームを無効にすると、ユーザーが申請を作成するとき、申請フォームの一覧に表示されなくなります。
  1. 「申請フォームの詳細」画面で、「経路の分岐情報」の[設定する]をクリックします。
    経路の分岐情報の表示例 Click to zoom this image
  1. 「経路分岐情報の設定」画面で、経路分岐の条件になる申請フォームの項目を選択し、[適用する]をクリックします。
    経路分岐情報の設定画面の例 Click to zoom this image
    • 項目タイプ:
      経路分岐の条件になる項目の、項目タイプを選択します。
    • 分岐項目:
      経路分岐の条件になる、申請フォームの項目を選択します。
  1. 「経路の分岐情報」の下に、「経路分岐条件一覧」が表示されていることを確認します。
    経路分岐条件一覧の表示例 Click to zoom this image
    続いて、分岐条件を追加します。
補足
  • 分岐項目を変更する場合は、設定した経路分岐情報を削除し、再度設定します。
    分岐項目を削除する手順例 Click to zoom this image

【4】分岐条件を追加する

経路を分岐する条件を設定します。
条件適用後の経路は、設定済みの申請経路をベースに、条件に応じて、不要な経路ステップを省略するように設定します。
複数の条件を追加した場合は、経路分岐条件一覧の上から順に条件が適用されます。
経路分岐条件一覧の表示例 Click to zoom this image
操作手順:
  1. 「申請フォームの詳細」画面で、「経路分岐条件一覧」の[追加する]をクリックします。
    経路分岐条件一覧の表示例 Click to zoom this image
  1. 「申請経路ステップの分岐条件の追加」画面で、必要な項目を設定し、[追加する]をクリックします。
    分岐条件の設定例 Click to zoom this image
    項目の詳細は、分岐条件の設定項目を参照してください。
  1. 必要に応じて、手順1と手順2を繰り返し、条件を追加します。
  1. 「申請フォームの詳細」画面で、追加した経路分岐条件が表示されていることを確認します。
    経路分岐条件一覧の表示例 Click to zoom this image
  1. 「申請フォームの詳細」画面で、[有効にする]をクリックします。
    申請フォームを有効にする画面例 Click to zoom this image
    ユーザーに、申請フォームの利用開始を連絡します。
ページトップへ戻る