マルチレポートの一般設定

マルチレポートの「一般設定」画面では、コメント欄で利用できる機能やレポートの公開先の初期値など、マルチレポートの基本的な機能を設定します。

コメントの書き込み許可の初期値を変更する

「レポートフォームの追加」画面に表示される、コメントの書き込み機能の設定項目を「チェックあり」の状態にしておくかどうかを設定します。
実際にコメントの書き込みを許可するかどうかは、レポートフォームを追加する際に設定します。
コメントの書き込み許可の初期値を適用した例 Click to zoom this image
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [マルチレポート]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面で、「コメント書き込み許可の初期状態」項目の「チェックを入れる」のチェックボックスを選択します。
  1. [設定する]をクリックします。

書式編集の使用を許可する

レポートフォームの項目やコメント欄での書式編集機能の使用を許可するかどうかを設定します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [マルチレポート]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面で、「書式編集機能の使用許可」項目の「許可する」のチェックボックスを選択します。
  1. [設定する]をクリックします。

コメントのアンカー機能の使用を許可する

アンカー機能の使用を許可するかどうかを設定します。
アンカー機能は、すでに書き込まれているコメントへの参照リンクを設定する機能です。
参照先の指定には、コメント番号を利用します。
「>>(半角不等号)」のあとに参照するコメント番号を付けて書き込むと、該当するコメントへのリンクを生成できます。
コメントアンカー機能の利用例 Click to zoom this image
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [マルチレポート]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面で、「コメントのアンカー機能の使用許可 」項目の「許可する」のチェックボックスを選択します。
  1. [設定する]をクリックします。

公開先の初期値を設定する

「レポートの作成」画面に表示される、公開先の初期値を次のどちらにするかを設定します。
  • すべてのユーザー
  • 参加者と通知先のユーザー
公開先の初期値を適用した例 Click to zoom this image
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [マルチレポート]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面で、「公開先の初期設定」項目の公開先の初期値を選択します。
  1. [設定する]をクリックします。
ページトップへ戻る