在席確認の一般設定

在席確認の「一般設定」画面では、ステータスの自動設定を利用するかどうかや、代理人の設定を許可するかどうかなど、在席確認の基本的な機能を設定します。

ステータスの自動設定を利用する

ステータスの自動設定を有効にすると、ユーザーが1日の最初にGaroonへアクセスした時に、在席情報のステータスが自動的に「在席」に設定されます。表示される時刻は、ユーザーがGaroonにログインするごとに更新されます。
前回ログアウトしたときのセッションが継続中の場合は、ログインしても在席情報の時刻は更新されません。
また、ステータスの自動設定を有効にしても、次の製品でログインしたときは、ステータスは変更されません。
  • Cybozu Desktop
  • KUNAI
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [在席確認]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の、「ステータスの自動設定」で、「ログイン時に在席を設定する」のチェックボックスを選択します。
    「ログイン時に在席を設定する」が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
    機能を無効にする場合は、「ログイン時に在席を設定する」のチェックボックスの選択を外します。
  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

代理人の設定を許可する

ユーザー自身による、在席情報を変更する代理人の設定を、許可するかどうかを設定します。
在席情報の代理人については、代理人を設定する方法を参照してください。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [在席確認]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の、「個人設定」で、「代理人の設定を許可する」のチェックボックスを選択します。
    「代理人の設定を許可する」が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
    代理人の設定を許可しない場合は、「代理人の設定を許可する」のチェックボックスの選択を外します。
  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
ページトップへ戻る