メッセージの一般設定

メッセージの「一般設定」画面では、閲覧状況確認の初期状態や書式編集の使用を許可するかどうかなど、メッセー ジの基本的な機能を設定します。

閲覧状況確認の初期状態を変更する

「メッセージの作成」画面の、「閲覧状況を確認する」の初期状態を設定します。
閲覧状況項目が赤枠で囲まれている画像 Click to zoom this image
閲覧状況確認は、メッセージを受信したユーザーが内容を閲覧したかどうかを確認できる機能です。
重要な連絡をする際に、ユーザーがメッセージを閲覧したかどうかを確認できるため、連絡の伝え漏れ防止に役立ちます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [メッセージ]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「閲覧状況確認の初期状態」項目で、「チェックを入れる」を選択します。
  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
    続いて、閲覧状況確認の動作モードを設定します。

閲覧状況確認の動作モードを選択する

閲覧状況確認が設定されているメッセージが、閲覧済みメッセージとして扱われるタイミングを設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [メッセージ]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の「閲覧状況確認の動作モード」項目で、「手動」または「自動」を選択します。
    • 手動:
      宛先のユーザーが「メッセージの詳細」画面で、[確認しました]をクリックすると、閲覧済みのメッセージとして処理されます。詳細は、閲覧状況を確認する方法を参照してください。
    • 自動:
      宛先のユーザーが「メッセージの詳細」画面を表示すると、閲覧済みのメッセージとして扱われます。
  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

書式編集の使用を許可する

メッセージの本文やコメントで、書式編集機能の使用を許可するかどうかを設定します。
書式編集機能の使用を許可すると、テキスト入力と書式編集を切り替えることができます。
書式編集の利用例 Click to zoom this image
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [メッセージ]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の「書式編集機能の使用許可」項目で、「許可する」を選択します。
  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

コメントのアンカー機能の使用を許可する

アンカー機能は、すでに書き込まれているコメントへの参照リンクを設定する機能です。
参照先の指定には、コメント番号を利用します。
「>>(半角不等号)」のあとに参照するコメント番号を付けて書き込むと、該当するコメントへのリンクを生成できます。
コメント番号が赤枠で囲まれている画像 Click to zoom this image
アンカー機能の使用を許可すると、過去に作成したメッセージでも、アンカー機能が使用できるようになります。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [メッセージ]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の「コメントのアンカー機能の使用許可」項目で、「許可する」を選択します。
  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
ページトップへ戻る