ファイル管理の一般設定

ファイル管理の「一般設定」画面では、削除したファイル/フォルダーの保存期間、および一括ダウンロードの上限値を設定します。

削除したファイル/フォルダーの保存期間を設定する

保存期間とは、ファイル管理から削除したファイルやフォルダーを一時保存する期間です。
保存期間を設定すると、誤ってファイルを削除した場合でも、復旧可能期間内であればファイルを元に戻すことができます。
システム管理者とアプリケーション管理者だけが、削除されたフォルダーを復旧できます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [ファイル管理]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の「削除したファイル/フォルダーの保存期間」項目で、保存期間を選択します。
    設定できる日数は1日刻みで、1から10日間です。
  1. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

一括ダウンロードの上限値を設定する

複数のファイルを1つのzipファイルにまとめてダウンロードするときに、一度にダウンロードできるファイルサイズの上限値を設定します。
zipファイルに圧縮される前のファイルサイズの合計値を設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  1. [ファイル管理]をクリックします。
  1. [一般設定]をクリックします。
  1. 「一般設定」画面の「一括ダウンロードの上限値」項目で、ファイルサイズを選択します。
    初期値は30MBです。
    選択できるファイルサイズは、次のとおりです。
    • 5MB
    • 10MB
    • 30MB
    • 50MB
    • 100MB
    • 300MB
    • 無制限
  1. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。
ページトップへ戻る