請求内容を分けることはできますか

記事番号:020347

いいえ、できません。
1つの会社コードにつき、請求先は1箇所のみ指定できます。
サービスを複数の会社や部署で利用していても、複数の請求先は指定できません。

月額サービスの場合

会社コードが同一のcybozu.comが複数ある場合

すべての月額サービスの料金が合算されて請求されます。
ドメインごとに請求内容を分けることはできません。

たとえば、下記ドメインの会社コードが同一の場合、両方の料金が合算されて請求されます。

  • https://domain-a.cybozu.com
  • https://domain-b.cybozu.com

異なる会社コードのcybozu.comがある場合

会社コードごとに、月額サービスの料金が請求されます。
異なる会社コードのサービスを、合算して請求することはできません。

年額サービスの場合

年額サービスの購入手続きが完了すると、請求内容も確定されます。
そのため、確定した請求内容の変更や、別の請求との合算はできません。

たとえば、年額サービスを10名(人事部5名、営業部5名)で購入手続きをした場合、後から利用部署ごとに分けて請求することはできません。

月額サービスと年額サービスが混在の場合

同一の会社コードを使うcybozu.comであっても、月額サービスと年額サービスの料金を合算することはできません。
月額サービスのみ、料金が合算されて請求されます。
年額サービスの料金は、月額サービスの料金とは別に請求されます。

たとえば、同一の会社コードで次のサービスを契約している場合、月額サービス(domain-cとdomain-d)の請求は合算されます。
年額サービス(domain-e)は購入手続きが完了後に請求されます。

  • 月額サービス:https://domain-c.cybozu.com
  • 月額サービス:https://domain-d.cybozu.com
  • 年額サービス:https://domain-e.cybozu.com