パスワードの有効期限を無期限にする

記事番号:020255

パスワードの有効期限は、運用に合わせて変更できます。
ここでは、「無期限」にする操作を説明します。

方法1:全ユーザーのパスワードを無期限にする

全ユーザーを対象にしたパスワードの有効期限の変更は、パスワードポリシーで操作します。

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。
    cybozu.com共通管理へのアクセス方法

  3. [ログイン]をクリックします。 スクリーンショット:[ログイン]が枠線で強調されている

  4. 「パスワードポリシー」の有効期限を、「無期限」に変更します。
    スクリーンショット:有効期限の選択肢が表示されている

  5. [保存]をクリックします。

方法2:特定のユーザーのパスワードを無期限にする

ユーザーごとにパスワードの有効期限を変更する場合、有効期限を任意の期間に延長することはできません。「無期限」にのみ変更できます。

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。
    cybozu.com共通管理へのアクセス方法

  3. [組織/ユーザー]をクリックします。 スクリーンショット:[組織/ユーザー]が枠線で強調されている

  4. 「組織」欄でユーザーが所属する組織を選択し、パスワードを変更するユーザーの 編集アイコンをクリックします。
    検索ボックスにユーザーの表示名またはログイン名を入力し、ユーザーを検索することもできます。
    スクリーンショット:「組織」欄から目的のユーザーの編集アイコンをクリックするまでの導線を示している

  5. [パスワードの変更]をクリックします。 スクリーンショット:[パスワードの変更]が枠線で強調されている

  6. 「現在のパスワードを使用する」を選択します。
    パスワードの文字列は表示されません。
    スクリーンショット:「現在のパスワードを使用する」が選択されている

  7. 「このユーザーのパスワードを無期限にする」を選択します。
    パスワードポリシーの設定にかかわらず、このユーザーのパスワードの有効期間を無期限にできます。
    スクリーンショット:「このユーザーのパスワードを無期限にする」のチェックボックスが選択されている

  8. [変更]をクリックします。 スクリーンショット:[変更]が枠線で強調されている