ユーザーを使用停止にする/使用を再開する

ユーザーを使用停止にする

ユーザーの退職や休職などによりサービスへのアクセスを禁止する場合に、ユーザー情報を削除せず、使用停止にできます。

使用停止中のユーザーは、次の状態になります。

  • サービスの利用ユーザーにカウントされません。
  • サービスにログインできません。
  • 使用停止にした段階で、発行済みのクライアント証明書は破棄されます。

  1. 「cybozu.com共通管理」画面の「ユーザー管理」の、[組織/ユーザー]をクリックします。
    [組織/ユーザー]が赤枠で囲まれた画像
  2. 左側の一覧で組織を選択し、使用停止するユーザーの アイコンをクリックします。
    組織とユーザーを選択する画像
  3. 使用状態の[使用中]をクリックし、[停止中]に変わったら、[保存]をクリックします。
    使用状態を[停止中]に変更する画像

使用停止中のユーザーと契約ユーザー数の関係

ユーザーを使用停止にしただけでは、契約ユーザー数は変わりません。
cybozu.comの請求は、サイボウズドットコム ストアでの契約ユーザー数を基準にします。
契約ユーザー数を減らすには、サイボウズドットコム ストアで契約内容を変更します。
契約内容の変更方法は、「購入方法」のユーザー数の追加など、契約内容を変更するを参照してください。

契約ユーザー10名の場合の運用イメージ

  • イメージ1:利用中のユーザーが8名である場合
    8名分しか利用していなくても、契約ユーザー数が10名であるため、10名分の料金が請求されます。
    新規ユーザーは、2名登録できます。

  • イメージ2:利用中が10名の状態で、新規ユーザーを3名追加したい場合
    利用中のユーザー数と契約ユーザー数が同じであるため、下記のどちらかの対処が必要です。

    • 契約ユーザー数を増やす
    • 利用中のユーザーの誰かを使用停止にする
  • イメージ3:利用中が10名の状態で、使用停止中のユーザー3名を利用中に戻したい場合
    利用中のユーザー数と契約ユーザー数が同じであるため、下記のどちらかの対処が必要です。

    • 契約ユーザー数を増やす
    • 利用中のユーザーの誰かを使用停止にする

使用停止中のユーザーのプロフィールについて

ユーザーを使用停止にしても、プロフィールの表示は変わりません。
使用停止にしたユーザーであっても、他のユーザーは、そのプロフィールをいつでも閲覧できます。

使用停止にしたユーザーのプロフィールを表示しないようにするには、次のどちらかの操作をします。

ユーザーの使用を再開する

使用停止中のユーザーの、使用を再開する手順は次のとおりです。

  1. 「cybozu.com共通管理」画面の「ユーザー管理」の、[組織/ユーザー]をクリックします。
    [組織/ユーザー]が赤枠で囲まれた画像
  2. 左側の一覧で組織を選択し、使用を再開するユーザーの アイコンをクリックします。
    組織とユーザーを選択する画像
  3. 使用状態の[停止中]をクリックし、[使用中]に変わったら、[保存]をクリックします。
    使用状態を[使用中]に変更する画像