サービスの利用者を確認するには

誰がどのサービスを利用できる設定になっているのかを確認する方法を説明します。

方法1:全ユーザーをまとめて確認する

画面で確認する場合

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンクが表示される場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  3. [グループ(ロール)]をクリックします。

  4. [Everyone]をクリックします。 Everyoneを示す画像

  5. 「利用するサービス」を確認します。
    項目を示す画像

CSVファイルに書き出して確認する場合

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンクが表示される場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  3. [ファイルへの書き出し]をクリックします。

  4. 「ファイルに書き出す項目」に「ユーザーの利用サービス」を選択します。 ドロップダウンリストを示す画像

  5. 「先頭行に項目名を書き出す」を選択します。

  6. 文字コードを選択します。
    日本語版のExcelでファイルを編集する場合は、「日本語(Shift-JIS)」を選択します。

  7. 区切り文字を選択します。
    CSV形式のファイルにデータを書き出す場合は、「カンマ」を選択します。

  8. [書き出す]をクリックします。
    「プレビュー」には、ファイルの先頭から5行分のデータが表示されます。

  9. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。

  10. ファイルを開き、ユーザーのサービスコードを確認します。
    ファイル上で、サービスコードをソートすると確認しやすいです。
    たとえば、kintoneの利用ユーザーを確認する場合、サービスコードを「ki」に絞り込んで確認します。
    サービスコードの一覧

サービスコードの一覧

サービス名 サービスコード
kintone ki
Garoon gr
サイボウズ Office of
メールワイズ mw
セキュアアクセス sa

方法2:組織ごとに確認する

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンクが表示される場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  3. [組織/ユーザー]をクリックします。

  4. ツリーを展開し、目的の組織をクリックします。
    目的のユーザーが組織に属していない場合、[未所属のユーザー]を選択します。
    ツリーの表示例

  5. 「利用するサービス」を確認します。
    項目を示す画像

方法3:サービスと組織を組み合わせて確認する

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンクが表示される場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  3. [サービスの利用ユーザー]をクリックします。

  4. ドロップダウンリストから、利用ユーザーを確認するサービスを選択します。
    ドロップダウンリストを示す画像

  5. ツリーを展開し、目的の組織をクリックします。
    目的のユーザーが組織に属していない場合、[未所属のユーザー]を選択します。
    ツリー表示の例

  6. 「(サービス名)を利用するユーザー」を確認します。 表示場所を示す画像