契約ユーザー数を減らすには

契約ユーザー数は、cybozu.comの利用ユーザー数と同じ、または、利用ユーザーより多い数量で設定する必要があります。
契約ユーザー数が、利用ユーザー数を下回る変更はできません。

  • 例:契約ユーザー数を50名から40名に変更したい場合:
    現時点の利用ユーザー数を50名とします。
    契約ユーザー数を40名に減らすには、最低でも10名分のステータスを「使用停止」にし、利用ユーザー数を40名以下にする必要があります。

操作手順

詳細は、次のページを参照してください。

こんなときは

休職や出向などで、cybozu.comに長期間ログインしないユーザーがいる場合

休職や出向などで、ユーザーがcybozu.comに長期間ログインしない場合は、該当のユーザーを削除せず、一時的に使用停止にすることをおすすめします。
使用停止にしたユーザーはcybozu.comにログインできなくなります。また、サービスの利用ユーザー数にカウントされません。

  • 例:契約ユーザー数が50名で、ステータスが「使用中」のユーザーが48名の場合
    この時点では、2名分の空席がcybozu.comにあります。
    翌週、ユーザーAとユーザーBの休職に伴い、2人のステータスを使用停止にすると、ステータスが「使用中」のユーザーは46名に減ります。
    これにより、4名分の空席がcybozu.comにできます。

復職時には、ユーザーのステータスを使用停止から使用中に変更するだけで、cybozu.comにアクセスできるようになります。
詳細は、ユーザーを使用停止にする/使用を再開するを参照してください。

退職や部署移動などで、cybozu.comへのアクセスを禁止したいユーザーがいる場合

cybozu.comへのアクセスを禁止したい場合にも、該当のユーザーを削除せず、一時的に使用停止にすることをおすすめします。
使用停止にしたユーザーはcybozu.comにログインできなくなります。また、サービスの利用ユーザー数にカウントされません。

先にユーザーを使用停止にしたあと、ユーザーを削除した場合に削除されるデータを確認してから、必要に応じてユーザーを削除してください。

特定のサービスからユーザーを削除したい

部署移動などで特定のサービスだけを使用しなくなった場合は、ユーザーが利用するサービスを変更します。
たとえば、ユーザーCの利用サービスを、kintoneとGaroonの2つから、kintoneだけに変更するといった運用ができます。
詳細は、ユーザーが利用するサービスを設定するを参照してください。