ユーザー情報の項目

記事番号:020245

ユーザー情報の項目は、次の2つのセクションに分けて表示されます。

  • 基本項目
  • その他の項目

基本項目

cybozu.com全体で利用するユーザー情報です。
「*」がある項目は、必須項目です。

基本項目を示す画像

プロフィール写真

サイズが800KB以内の画像ファイルを選択します。
使用できる画像のファイル形式は、次のとおりです。

  • GIF
  • JPEG
  • PNG
  • BMP

名前

  • 表示名
    各サービスで表示されるユーザーの名前を入力します。
    表示名の活用例

  • 姓、名
    ユーザーの名前の姓名を漢字で入力します。

  • よみがな
    ユーザーの名前の姓名のよみがなを入力します。

ログイン名

cybozu.comにログインするためのIDです。
ログイン名の条件

メールアドレス

ユーザーが使用するメールアドレスです。
サービスからのメール通知や、パスワードリセットに使用されます。
共有のメールアドレスは設定しないでください。

使用状態

ユーザーのステータスを設定します。
クリックすると、「使用中」と「停止中」が切り替わります。
「停止中」にすると、サービスにアクセスできなくなります。

利用するサービス

契約中や試用中のサービスが選択肢に表示されます。
ユーザーに利用を許可するサービス名を選択します。
利用するサービスを変更する(ユーザー単位)

所属組織

ユーザーが所属する組織と役職を設定します。
設定方法は次のページを参照してください。

優先する組織

複数の組織に所属する場合、プロフィールなどで優先的に表示したい組織を指定できます。

クライアント証明書

セキュアアクセスのクライアント証明書を発行したユーザーに表示されます。

  • [クライアント証明書]
    証明書をダウンロードできます。
  • [再発行]
    クライアント証明書が再発行されます。発行済みのクライアント証明書は使用できなくなります。

2要素認証

2要素認証の設定の状況が表示されます。
有効化したユーザーのみ、[無効にする]が表示されます。

モバイル端末の紛失などで管理者がユーザーの2要素認証を無効化する必要がある場合、[無効にする]をクリックしてください。
再度有効にする場合は、ユーザー自身がプロフィールから設定をする必要があります。
2要素認証を設定する

電話番号

必要に応じて、自席の内線電話や、部署の代表電話番号を入力します。

URL

会社サイトなどのURLを入力します。
必要に応じて、ユーザー自身に、自分のSNSやポートフォリオなどのURLを入力してもらうことも可能です。
プロフィールを変更する

その他の項目

必要に応じて利用する補足情報(連絡先や入社日など)や、ユーザーに適用する言語やタイムゾーンの設定項目がまとめられているセクションです。

その他の項目を示す画像

初期設定では、下記の項目が準備されています。

連絡先

内線番号や携帯電話の番号を入力します。

Skype名

Skype名を登録しておくとプロフィール画面のリンクから、Skypeを起動できます。

言語

各サービスの画面で使用する言語を選択します。

タイムゾーン

各サービスで使用するタイムゾーンを選択します。
タイムゾーンの一覧

別言語での表示名

指定した言語で表示する名前を入力します。
表示言語に適したユーザー名を表示するには

カスタマイズ項目

初期設定では表示されません。
ユーザー情報にカスタマイズ項目が追加されると、「別言語での表示名」の次に表示されます。
カスタマイズ項目を追加する

従業員ID

従業員のIDを入力します。

入社日

入社日を入力します。

誕生日

誕生日を入力します。

表示優先度

ユーザーの表示優先度を0以上の8桁の整数で入力します。
ユーザーの一覧で、番号の小さいユーザーが上に表示されます。
ユーザーの表示順を変更する

コメント

必要に応じて入力します。