ユーザーを追加する

サービスを利用するユーザーを追加します。ここでは、ひとりずつユーザーを追加する方法を説明します。

  1. 「cybozu.com共通管理」画面の「ユーザー管理」の、[組織/ユーザー]をクリックします。
    [組織/ユーザー]が赤枠で囲まれた画像

  2. 組織のボックスから、ユーザーを追加する組織を選択します。
    先に[未所属のユーザー]にユーザーを登録し、あとで組織を追加して、ユーザーに設定することもできます。
    組織とユーザーの設定画面 組織を追加するには、[組織の追加]をクリックします。詳細は、組織を追加するを参照してください。

  3. 「ユーザー」欄の[ユーザーの追加]をクリックします。 [ユーザーの追加]が赤枠で囲まれた画像

  4. 必要な項目を設定します。
    項目の詳細は、ユーザー情報の設定画面を参照してください。
    次の項目は、必ず設定してください。

    項目名 内容
    表示名 各サービスで表示される名前です。
    ログイン名 cybozu.comにログインするためのIDです。
    • 他のユーザーと重複するログイン名は使用できません。
    • ログイン名には次の文字を使用できません。
      \ [ ] " : ; < > , /
    • 先頭または最後が半角スペースや全角スペースのログイン名は設定できません。
    E-mail 各サービスでメールの送受信に使用するメールアドレスです。
    このメールアドレスは、パスワードを忘れた際のパスワードリセットに使用されます。複数のユーザーで共有しているメールアドレスは設定しないでください。
    使用状態 「使用中」になっていることを確認します。
    「停止中」の場合は、サービスを利用できません。
    利用サービス 契約中、または試用を申し込んでいるサービスの一覧です。
    該当ユーザーの利用するサービスのチェックボックスを選択します。
    ユーザーが利用するサービスを設定する
  5. [保存]をクリックします。
    ユーザーの追加画面

  6. 「パスワードの設定」ダイアログで、追加したユーザーのパスワードを設定します。

    • パスワードは自動生成か、直接入力で設定します。
    • 「パスワードを表示する」を選択すると、ユーザーのパスワードを確認できます。
    • 「このユーザーのパスワードを無期限にする」を選択すると、パスワードポリシーの設定にかかわらず、選択したユーザーのパスワードのみ、有効期間を無期限にできます。
    「パスワードの設定」ダイアログの画像
  7. ユーザーへパスワードとログインの仕方を通知する方法を選びます。

    1. メールで通知する場合
      [設定してメールを送信]をクリックし、手順8に進みます。
      メールで通知する場合、管理者が設定した仮パスワードの変更を許可することを推奨します。 初期設定では有効になっています。
    2. メールで通知しない場合
      [設定]をクリックし、ユーザー情報を保存します。
      サービスを利用するユーザーに次の情報を伝えます。
      • 利用するサービスのアクセスURL
        例:https://(サブドメイン名).cybozu.com/
      • ログイン名
      • パスワード
  8. 「パスワードとログイン方法をメールで送信」ダイアログで、宛先欄のメールアドレスを確認し、必要に応じて本文を編集します。

  9. [送信]をクリックします。
    追加したユーザーに、cybozu.comの使用開始までの流れ(ユーザー向け)を参照するよう連絡してください。