グループ(ロール)とは

グループ(ロール)とは、組織とは別に、役職や役割などで分類したユーザーのまとまりです。
たとえば、「営業部マネージャー」「採用チームA」など、活動にあわせてグループ(ロール)を作ります。

初期設定では、下記の2種類のグループが自動で作成されています。削除できません。

システム側で自動的に作成されるグループ(ロール)
Everyone cybozu.comの全利用ユーザーを指すグループです。
Administrators cybozu.com共通管理者を指すグループです。
cybozu.com共通管理者に設定されているユーザーを確認する

利用シーン

グループ(ロール)は、アクセス権の設定や、コメント・通知の宛先などに利用できます。
組織だけでなく、グループ(ロール)もあわせて使うことで、より小回りが効いた運用がしやすくなります。

アクセス権の利用例

アプリの設定画面

コメントでの利用例

コメント欄

通知先の利用例

アプリの設定画面

グループ(ロール)のタイプ

2つのタイプがあります。
タイプは一度設定すると、途中で変更できません。どちらのタイプを利用するか、事前に決めておきましょう。

静的グループ

静的グループは、グループのメンバーを手動で管理します。
メンバーが変わる場合は、管理者がグループの所属ユーザーを都度変更する必要があります。
このため、メンバーの変更が頻繁に行われないグループを、静的グループとして利用することをおすすめします。

動的グループ

動的グループは、条件を指定して、グループのメンバーを自動更新します。
たとえば、動的グループ「営業部マネージャー」を作る場合は、条件に組織「営業部」と役職「マネージャー」を指定します。この条件を満たすユーザーがグループのメンバーに設定されます。
メンバーの変更頻繁が高いグループを、動的グループとして利用することをおすすめします。

所属ユーザー数について

画面から1つのグループに所属させることができるユーザー数は、10,000人までです。
10,000人を超えるユーザーを、1つのグループに所属させる場合は、CSVファイルを使用して一括登録します。
ユーザーの所属グループ(ロール)を一括で登録、編集する

「Administrators」グループに所属させることができるユーザー数は、1,000人までです。

グループ(ロール)の注意事項

グループ(ロール)の利用可否

サービスによって、グループ自体が利用できなかったり、利用できるグループのタイプが固定されていたりします。

静的グループ 動的グループ
kintone 利用可 利用可
Garoon 利用可

Garoonでは、静的グループは「ロール」として扱われます。
ロールとは(Garoon ヘルプ)
不可
サイボウズ Office 不可 不可
メールワイズ 不可 不可

システム側で利用しているグループ(ロール)名

システム側で利用しているため、下記と同名のグループは作成できません。

  • CommandLine
  • LoginUser
    画面上では「ログインユーザー」と表示されるグループです。
    アクセス権、絞り込み、通知などの設定に利用できます。
「LoginUser」を使った絞り込みの設定例

自分が登録したデータを絞り込んで表示したいといった場合に、「ログインユーザー」を利用します。
LoginUserの利用例