動的グループの抽出条件

動的グループは、指定した条件に基づいて、自動的にグループのメンバーが更新されます。
条件のタイプに「高度」を選択している場合、より複雑な条件を指定できます。
動的グループのメンバーの条件に使用できる演算子やキーを詳しく説明します。

動的グループの条件式

条件式は、「キー」「演算子」「キーの値」を組み合わせて記載します。
たとえば、「役職にManager01を含む」という条件であれば、次の条件式になります。

条件式例 title in ("Manager01")

この場合、「キー」「演算子」「キーの値」は次のとおりです。

キー title
演算子 in
キーの値 ("Manager01")

条件式に使用できるキー

次のキーを使用できます。
複数のキーを組み合わせることもできます。詳細は、条件式例を参照してください。

キー 意味
user ログイン名
organization 組織コード
group グループコード
title 役職コード
employeeNumber 従業員ID
birthDate 誕生日
joinDate 入社日

条件式に使用できる演算子

次の演算子を使用できます。

演算子 効果
= A = Bの場合、AとBは等しいことを示す。
< A < Bの場合、AがBより小さいことを示す。
<= A <= Bの場合、AがBと同じが小さいことを示す。
> A > Bの場合、AがBより大きいことを示す。
>= A >= Bの場合、AがBと同じか大きいことを示す。
in A in Bの場合、AがBに含まれることを示す。
not in A not in Bの場合、AがBに含まれていないことを示す。

条件式例

キーが1つだけの場合
条件例 条件式
組織コードが「sales00」の組織に所属するユーザーを抽出する organization in ("sales00")
キーの値を複数指定する場合

キーの値を「,」(カンマ)で区切ります。

条件例 条件式
役職コードが「manager01」または「chief02」の役職に所属するユーザーを抽出する title in ("manager01", "chief02")
複数の条件をandやorで組み合わせる場合
条件例 条件式
次の条件をすべて満たすユーザーを抽出する
  • 組織コードが「sales00」の組織、またはその配下の組織に所属する
  • 役職コードが「manager01」の役職に所属する
organization <= "sales00" and title in ("manager01")
次の条件をすべて満たすユーザーを抽出する
  • 役職コードが「manager01」の役職に所属する
  • 組織コードが「Sales00」「Sales01」「Sales02」のいずれかの組織に所属する
title in ("Manager01") and organization in ("Sales00", "Sales01", "Sales02")
優先度を付けて条件を組み合わせる場合

優先する組み合わせを丸カッコ「( )」で囲みます。

条件例 条件式
次の条件をすべて満たすユーザーを抽出する
  • 組織コードが「sales00」の組織に所属する、またはログイン名が「sato」である
  • 役職コードが「manager01」の役職に所属する
(organization in ("sales00") or user in ("sato")) and title in ("manager01")

各キーで利用できる演算子

キーによって、利用できる演算子が異なります。

キーが「user」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
in (ログイン名, ログイン名, ・・・) 指定したいずれかのログイン名のユーザー
not in (ログイン名, ログイン名, ・・・) 指定したいずれのログイン名でもないユーザー

キーが「organization」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
in (組織コード, 組織コード, ・・・, 組織コード) 指定したいずれかの組織に所属するユーザー
not in (組織コード, 組織コード, ・・・, 組織コード) 指定したいずれの組織にも所属しないユーザー
< 組織コード 指定した組織の配下の組織に所属するユーザー
<= 組織コード 指定した組織またはその配下の組織に所属するユーザー

キーが「group」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
in (グループコード, グループコード, ・・・, グループコード) 指定したいずれかのグループに所属するユーザー
not in (グループコード, グループコード, ・・・, グループコード) 指定したいずれのグループにも所属しないユーザー

キーが「title」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
in (役職コード, 役職コード, ・・・, 役職コード) 指定したいずれかの役職が設定されているユーザー
not in (役職コード, 役職コード, ・・・, 役職コード) 指定したいずれの役職も設定されていないユーザー
= "no title" 役職が設定されていないユーザー

キーが「employeeNumber」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
in (従業員ID, 従業員ID, ・・・, 従業員ID) 指定したいずれかの従業員IDのユーザー
not in (従業員ID, 従業員ID, ・・・, 従業員ID) 指定したいずれの従業員IDでもないユーザー

キーが「birthDate」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
= 誕生日 誕生日が指定した日付のユーザー
< 誕生日 誕生日が指定した日付より前のユーザー
<= 誕生日 誕生日が指定した日付以前のユーザー
> 誕生日 誕生日が指定した日付より後のユーザー
>= 誕生日 誕生日が指定した日付以降のユーザー

キーが「joinDate」の場合

演算子 キーの値 抽出されるユーザー
= 入社日 入社日が指定した日付のユーザー
< 入社日 入社日が指定した日付より前のユーザー
<= 入社日 入社日が指定した日付以前のユーザー
> 入社日 入社日が指定した日付より後のユーザー
>= 入社日 入社日が指定した日付以降のユーザー