2要素認証を無効にしたい

記事番号:02039

2要素認証を無効にする操作を説明します。

自分の設定を無効にする場合

自分のプロフィールで2要素認証の設定を無効にします。

  1. アカウント設定を表示します。
    画面右上のユーザー名の右の 展開するアイコンをクリックし、ドロップダウンリストの[アカウント設定]をクリックします。
    スクリーンショット:サービスのヘッダーにある、[アカウント設定]への導線を示している

  2. [ログイン名とパスワード]をクリックします。
    スクリーンショット:[ログイン名とパスワード]が枠線で強調されている

  3. 2要素認証の項目の[無効にする]をクリックします。
    スクリーンショット:[無効にする]が枠線で強調されている

  4. cybozu.comからログアウトします。

  5. cybozu.comにログインします。

  6. Google Authenticatorなどの認証アプリから、cybozu.comの情報を削除します。

管理者向け:特定のユーザーの設定を無効にする場合

「ユーザー情報の編集」画面で、2要素認証の設定を無効にします。

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。
    cybozu.com共通管理へのアクセス方法

  3. [組織/ユーザー]をクリックします。
    スクリーンショット:[組織/ユーザー]が枠線で強調されている

  4. 「組織」欄でユーザーが所属する組織を選択し、2要素認証を無効にするユーザーの 編集アイコンをクリックします。
    検索ボックスにユーザーの表示名またはログイン名を入力し、ユーザーを検索することもできます。

    スクリーンショット:組織ツリーから目的のユーザーの編集アイコンをクリックするまでの導線を示している

  5. 「2要素認証」項目で、[無効にする]をクリックします。
    スクリーンショット:「2要素認証」項目が枠線で強調されている ほかの項目の説明は、ユーザー情報の項目を参照してください。

  6. 確認画面で、[無効にする]をクリックします。

  7. [保存]をクリックします。
    管理者が設定を無効にすると、ユーザーが設定した2要素認証の情報は削除されます。
    再度、ユーザーが2要素認証を有効にする際は、STEP2:2要素認証を有効にするの操作が必要です。

管理者向け:全ユーザーの設定を一括で無効にする場合

「ログインのセキュリティ設定」画面で、2要素認証の利用を取り消します。
2要素認証をやめてSAML認証を利用する場合など、全ユーザーの2要素認証の情報を一括で削除したい場合に便利です。

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  2. [cybozu.com共通管理]をクリックします。
    cybozu.com共通管理へのアクセス方法

  3. [ログイン]をクリックします。

    スクリーンショット:[ログイン]が枠線で強調されている

  4. 「2要素認証」セクションで、「2要素認証の利用をユーザーに許可する」の選択を外します。
    スクリーンショット:「2要素認証の利用をユーザーに許可する」のチェックボックスが選択されていない

  5. [保存]をクリックします。
    再度、利用を許可する際は、2要素認証を利用したいを参照してください。