ログイン時にSAML認証だけを使うように制限する

SAML認証を設定している場合は、cybozu.comのログイン時にSAML認証だけを使うように制限できます。
この制限を有効にすると、cybozu.com標準の認証によるログインはできなくなります。

この制限の初期値は、無効に設定されています。
この制限が無効の場合、SAML認証を設定した環境でも、cybozu.com標準の認証を併用できる状態になります。

この制限による影響範囲

サービスやアプリ

「SAML認証の使用を必須にする」を有効にすると、下記のサービスやアプリは利用できなくなります。
継続して利用したいサービスやアプリがある場合は、「SAML認証の使用を必須にする」を無効のままにしてください。

cybozu.comの公式API

「SAML認証の使用を必須にする」を有効にすると、下記のAPIで、パスワード認証によるREST APIの実行が、cybozu.com共通管理者だけに制限されます。
APIの実行ユーザーを制限したくない場合は、「SAML認証の使用を必須にする」を無効のままにしてください。

cybozu.com共通管理者だけが使える機能

ログイン時にSAML認証だけを使う制限を有効にしていても、cybozu.com共通管理者だけは、下記URLからcybozu.com標準の認証を利用して、cybozu.comにログインできます。
下記URLからログインする際は、cybozu.com共通管理に登録しているログイン名とパスワードを入力します。

SAML認証を無効にするURL
https://(サブドメイン名).cybozu.com/login?saml=off

ログイン時にSAML認証だけを使う制限を有効にする

  1. SAML認証を設定します。
    詳細は、cybozu.comでSAML認証を設定するを参照してください。
    SAML認証の設定が完了していない場合は、手順2に進めません。

  2. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコンをクリックします。

  3. [cybozu.com共通管理]をクリックします。

    このリンクが表示される場所は、ご利用のサービスによって異なります。
    リンクの表示例


    管理画面の表示方法を示す画像

  4. [ログイン]をクリックします。 メニューの表示例

  5. 「SAML認証を有効にする」が有効であることを確認します。

  6. 「SAML認証の使用を必須にする」を選択します。
    項目を有効にした画像

  7. cybozu.comのログイン時にSAML IdPのログイン情報を入力する旨を、ユーザーに連絡します。