宛先指定機能の操作

宛先指定機能の使いかたを説明します。
宛先指定機能は、書き込まれたコメントが誰に宛てたものかを明確にする機能です。
宛先指定機能は、次のような場合に使用すると便利です。
  • 更新通知が多く、通知が埋もれがちなユーザーに、優先的にコメントを読んでもらいたい。
  • 通知を解除している、または通知の対象外であるユーザーにもコメントを読んでもらいたい。
宛先に指定されると、通常の更新通知に加えて、「@自分宛」の通知が「通知一覧」に表示されます。
宛先指定機能を利用できるアプリケーション
次のアプリケーションのコメント欄で利用できます。
ユーザー、組織、およびロールを宛先に指定できます。
  • スペースのディスカッション
  • メッセージ

宛先を指定する

コメントの宛先を指定します。
操作手順:
  1. 宛先指定機能を利用できるアプリケーションのコメント欄を表示します。
  2. [@宛先指定]をクリックし、宛先の入力欄を表示します。
    宛先指定機能のパーツを説明している画像
  3. 宛先の入力欄にユーザー名を入力し、宛先を指定します。
    宛先を選択している画像
    宛先の情報の一部を入力すると、宛先の候補が表示されます。
    • 宛先がユーザーの場合:
      • 表示名
      • 別言語での表示名
      • よみがな
      • ログイン名
      • Email アドレス
    • 宛先が組織の場合:
      • 組織名
      • 別言語での表示名
    • 宛先がロールの場合:
      • グループ(ロール)名
  4. 指定した宛先や表示順を確認します。
    宛先の表示順は、ドラッグアンドドロップで変更できます。
    宛先の表示順を変更している画像
    指定した宛先をマウスオーバーし、 削除ボタンが赤枠で囲まれている画像をクリックすると指定した宛先を削除できます。
    • 宛先がユーザーの場合:
      宛先に指定したユーザーをクリックすると、ユーザーのプロフィールを確認できます。
    • 宛先が組織の場合:
      宛先に指定した組織をクリックすると、組織に所属するユーザーを確認できます。
    • 宛先がロールの場合:
      宛先に指定したロールをクリックすると、ロールに設定されているユーザーを確認できます。
  5. コメントを入力し、[書き込む]をクリックします。
宛先を正しく指定していなかった場合
宛先指定では、入力した文字を基に表示される宛先を指定する必要があります。
正しく指定されている宛先の画像
Garoonに設定されていないユーザーなど、正しく指定されていない宛先は、宛先が確定されず入力欄から削除されます。
正しく指定されていない宛先の画像

a) :入力欄から削除された宛先

宛先指定された通知を確認する

次のいずれかの宛先で自分が指定されると通知されます。
  • 自分の名前
  • 自分が所属している組織
  • 自分が設定されているロール
ユーザー自身が自分への宛先指定をした通知は対象外です。
「通知一覧」で通知を確認する場合
「通知一覧」は、各アプリケーションの更新情報を確認するためのアプリケーションです。
宛先を指定してコメントを書き込むことで、宛先に指定されたユーザーが自分宛の通知だけを絞り込んで一覧で確認することができます。
「通知一覧」の詳細は、通知の確認を参照してください。
「通知一覧」画面で宛先指定された通知を確認している画像
「通知一覧」ポートレットで通知を確認する場合
システム管理者やユーザーがポータルに「通知一覧」ポートレットを設定している場合、トップページで通知を確認することができます。
「通知一覧」ポートレットの詳細は、「通知一覧」ポートレットを参照してください。
「通知一覧」ポートレットで宛先指定された通知を確認している画像
補足
  • ヘッダーにも自分宛の通知が表示されます。
    ヘッダーで宛先指定された通知を確認している画像