申請が差し戻された場合の対処

承認者によって申請者に差し戻された申請データは、申請者の「ワークフロー(最新一覧)」画面の未処理一覧に表示されます。
申請が差し戻されても、申請データの状況は「進行中」のままです。
申請データの詳細画面には、差し戻されたことを示すメッセージと、処理者のコメントが表示されます。
差し戻されたことを示すメッセージと処理者のコメントが赤枠で囲まれた画像
差し戻された申請の内容を見直して再申請するか、申請を取り消すまで、未処理一覧から表示は消えません。

差し戻された申請を再申請する

申請内容や処理者を変更して、再申請します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [ワークフロー]をクリックします。
  3. 「ワークフロー(最新一覧)」画面の「未処理一覧」で、差し戻された申請データの標題をクリックします。
    差し戻された申請データの標題が赤枠で囲まれた画像
  4. 「差し戻された申請の処理」画面で、[再申請する]をクリックします。
    再申請する操作ボタンが赤枠で囲まれた画像
  5. 「申請の作成(内容の入力)」画面で、必要に応じて、申請内容を修正し、[経路を設定する]をクリックします。
  6. 「申請の作成(経路の設定)」画面で、必要に応じて、処理者を変更し、[内容を確認する]をクリックします。
  7. 「申請の作成(内容の確認)」画面で、内容を確認し、[申請する]をクリックします。
補足
  • 申請が差し戻されてから再申請するまでの間に、使用している申請フォームが変更されても、初回の申請時の申請フォームが適用されます。

差し戻された申請を取り消す

処理を中止し、申請を取り消します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [ワークフロー]をクリックします。
  3. 「ワークフロー(最新一覧)」画面の「未処理一覧」で、差し戻された申請データの標題をクリックします。
    差し戻された申請データの標題が赤枠で囲まれた画像
  4. 「差し戻された申請の処理」画面で、[取り消し]をクリックします。
    取り消す操作ボタンが赤枠で囲まれた画像
  5. 「申請の取り消し」画面で、コメントを入力し、[取り消す]をクリックします。
    申請の取り消し画面
    取り消した申請データは、「送信一覧」フォルダーで確認できます。
    申請データの状況は「進行中」から「取消」に変わります。
    送信一覧画面