申請の代理処理

代理承認者に設定されたユーザーは、委任者(本来の承認者)に代わって、申請データを処理できます。
委任者に処理の順番が回ってきた申請データは、代理承認者の「ワークフロー(代理承認一覧」画面に表示されます。
代理承認者が処理した申請データは、委任者が処理した場合と同様に処理されます。
代理承認者を設定していても、委任者は自分で申請データを処理できます。
補足
  • 代理承認者が申請データを処理するには、次の設定が必要です。
  • 委任者が自分で申請データを処理した場合、代理承認者の「ワークフロー(代理承認一覧)」画面から申請データは削除されます。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [ワークフロー]をクリックします。
  3. 「ワークフロー(最新一覧)」画面で、「代理承認一覧」フォルダーを選択し、代理で処理する申請データの標題をクリックします。
    処理する申請データの標題が赤枠で囲まれた画像
  4. 「未処理申請の処理」画面で、申請内容を確認し、[承認する]、[却下する]、または[差し戻す]をクリックします。
    必要に応じて、コメントを入力できます。
    申請を差し戻す場合は、ドロップダウンリストから差し戻し先のユーザーを指定します。
    申請の処理に応じて、次のユーザーに通知が送信されます。
    • 承認:次の経路ステップのユーザーに通知が送信されます。
    • 却下:申請者
    • 差し戻し:差し戻し先のユーザー
    処理するボタンが赤枠で囲まれた画像
補足
  • 未処理の経路ステップで、経路変更が許可されている場合、代理承認者は経路を変更できます。
    詳細は、申請経路の変更を参照してください。
  • 申請者が使用した申請フォームによっては、承認経路の処理者が申請内容を編集できる場合があります。
    処理者は、「編集」権限が付与されている項目の内容を変更したり、ファイルを添付したりできます。
    「閲覧」権限が付与されていない項目は閲覧できません。
    詳細は、項目のアクセス権の設定を参照してください。
代理承認の処理者の表示
代理で承認した申請データの「処理者/コメント」欄には、委任者と代理承認者のユーザー名が表示されます。
代理承認者と委任者のユーザー名が赤枠で囲まれた画像

申請を連続して代理処理する

未処理の申請データが複数ある場合、処理を開始する申請データの番号を選択し、以降の申請データを昇順に連続して処理できます。
大量の申請データを処理する場合に利用すると便利です。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [ワークフロー]をクリックします。
  3. 「ワークフロー(最新一覧)」画面で、「代理承認一覧」フォルダーを選択し、次のいずれかの方法で、連続で処理する申請データの開始番号を選択します。
    • ドロップダウンリストから番号を選択し、[連続で処理する]をクリックする
    • 申請データ一覧の左側に表示された番号のボタンをクリックする
    連続で処理するパーツが赤枠で囲まれた画像
  4. 「未処理申請の処理(代理承認)」画面で、申請内容を確認し、[承認する]、[却下する]、または[差し戻す]をクリックします。
    必要に応じて、コメントを入力します。
    申請を差し戻す場合は、ドロップダウンリストから差し戻し先のユーザーを指定します。
    右上または右下の[次へ]をクリックすると、表示している申請データの処理を保留にして、次の申請データを処理できます。
    処理するボタンと次の申請へ移動するリンクが赤枠で囲まれた画像
  5. 手順5を繰り返し、申請データを処理します。
補足
  • 未処理の経路ステップで、経路変更が許可されている場合、処理者は経路を変更できます。
    操作方法は、申請経路の変更を参照してください。
  • 申請者が使用した申請フォームによっては、承認経路の処理者が申請内容を編集できる場合があります。
    処理者は、「編集」権限が付与されている項目の内容を変更したり、ファイルを添付したりできます。
    「閲覧」権限が付与されていない項目は閲覧できません。
    詳細は、項目のアクセス権の設定を参照してください。