HTMLポートレットの設定

HTMLを利用して、独自のポートレットを作成することができます。
ユーザーが作成したポートレットを、Myポートレットといいます。
Myポートレットは、作成したユーザーだけが利用できます。

HTMLタグに関する注意点

HTMLポートレットが正常に動作するように、次の点に注意してタグを正しく記述します。
小文字の使用
HTMLタグは小文字で記述します。
良い例:<p>
悪い例:<P>
終了タグの使用
開始タグと終了タグは必ずセットで記述します。HTMLタグが完結していないポートレットをポータルに配置すると、ポータルの編集画面が正しく表示されない、ポートレットを移動できないなどの問題が発生する場合があります。
ネスト構造のHTMLタグは、開始タグと終了タグが交差しないように記述します。
例:
ネスト構造のHTMLタグの記述例
記述不要のタグ
次のタグは、HTMLポートレットに記述する必要はありません。
  • <html>と</html>
  • <head>と</head>
  • <body>と</body>
セキュアコーディングガイドラインの確認
JavaScriptを記載する場合は、セキュアコーディングガイドラインの次のセクションを確認してください。
クロスサイトスクリプティングを防ぐ
クロスサイトリクエストフォージェリを防ぐ

HTMLポートレットを追加する

HTMLでポートレットを作成し、Myポートレットとして追加します。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [HTMLポートレット]をクリックします。
  6. 「HTMLポートレット」画面で、[HTMLポートレットを追加する]をクリックします。
    HTMLポートレットを追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「HTMLポートレットの追加」画面で、ポートレット名を入力します。
    ポートレット名を入力している画像
  8. 「グループ」項目を設定します。
    ポートレットを分類するポートレットグループを選択します。
    ポートレットグループに所属させると、ポータルを作成する時に目的のポートレットをすばやく選択することができます。
    詳細は、Myポートレットグループの設定を参照してください。
    グループ項目を設定している画像
  9. 「ポートレットの内容」項目を設定します。
    HTMLタグや書式編集を使用して、ポートレットの内容を記述します。
    ポートレットの内容を設定している画像
    ポートレットの内容に次の機能を利用して、HTMLポートレットをカスタマイズすることもできます。
    • キーワードの記述:
      使用できるキーワードを記述すると、ポートレットを使用するユーザーの情報を表示することができます。
  10. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。

使用できるキーワード

キーワードを使用すると、ポートレットを使用するユーザーのユーザー情報を、HTMLポートレットに表示できます。
キーワードは、ポートレットを使用するユーザーのユーザー情報に置き換わります。
使用できるキーワードは、次のとおりです。
キーワード 説明
%Name% アクセスしているユーザーのユーザー名が表示されます。
%ID% アクセスしているユーザーのユーザーIDが表示されます。
%Account% アクセスしているユーザーのログイン名が表示されます。
%Mail% アクセスしているユーザーのユーザー情報に登録しているE-mailアドレスが表示されます。
E-mailアドレスの登録がない場合は表示されません。
%Password%
%session_password%
アクセスしているユーザーのパスワードが表示されます。
%Tel% アクセスしているユーザーのユーザー情報に登録されている連絡先が表示されます。
連絡先が登録されていない場合は表示されません。
%URL% アクセスしているユーザーのユーザー情報に登録されているURLが表示されます。
URLが登録されていない場合は表示されません。
%grn.common.login.login.extension.ユーザー情報項目の項目コード% ユーザー情報にカスタマイズ項目が追加されている場合に有効です。アクセスしているユーザーのユーザー情報に登録されているカスタマイズ項目の情報が表示されます。

HTMLポートレットを変更する

HTMLポートレットを変更します。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [HTMLポートレット]をクリックします。
  6. 「HTMLポートレット」画面で、変更するHTMLポートレットのポートレット名をクリックします。
  7. 「HTMLポートレットの詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「HTMLポートレットの変更」画面で、必要に応じて設定を変更します。
  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

HTMLポートレットの表示を確認する

HTMLポートレットの表示を確認します。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [HTMLポートレット]をクリックします。
  6. 「HTMLポートレット」画面で、プレビューするHTMLポートレットのポートレット名をクリックします。
  7. 「HTMLポートレットの詳細」画面で、[表示を確認する]をクリックします。
    表示を確認するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像

HTMLポートレットを削除する

HTMLポートレットを削除します。
HTMLポータルに配置しているHTMLポートレットを削除すると、配置が解除されます。
注意
  • 削除したHTMLポートレットは、元に戻せません。

1件ずつHTMLポートレットを削除する

HTMLポートレットを1件ずつ削除します。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [HTMLポートレット]をクリックします。
  6. 「HTMLポートレット」画面で、削除するHTMLポートレットのポートレット名をクリックします。
  7. 「HTMLポートレットの詳細」画面で、[削除する]をクリックします。
    削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「HTMLポートレットの削除」画面で、[はい]をクリックします。

複数のHTMLポートレットをまとめて削除する

複数のHTMLポートレットをまとめて削除します。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [HTMLポートレット]をクリックします。
  6. 「HTMLポートレット」画面で、削除するHTMLポートレットのチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    削除するHTMLポートレットが選択されている画像
  7. 「HTMLポートレットの一括削除」画面で、[はい]をクリックします。