閲覧状況の確認

閲覧状況は、メッセージを受信したユーザーが内容を閲覧したかどうかを確認できる機能です。
「メッセージの作成」画面で、「閲覧状況を確認する」を選択してメッセージを作成すると、閲覧状況確認メッセージを送信できます。
  • システム管理者が閲覧状況の動作モードを「手動」に設定している場合:
    宛先のユーザーがメッセージを開くと、メッセージの確認ボタンが表示されます。
    ユーザーは、[確認しました]をクリックすると、そのメッセージにコメントを書き込めます。
    確認しましたボタンが表示されている画像
    宛先のユーザーが[確認しました]をクリックした日時が、閲覧日時として記録されます。
  • システム管理者が閲覧状況の動作モードを「自動」に設定している場合:
    「メッセージの詳細」画面を表示しただけで、閲覧済みの扱いになります。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メッセージ]をクリックします。
  3. 「メッセージ」画面で、「送信箱」フォルダーを選択し、閲覧状況を確認するメッセージの標題をクリックします。
  4. 「メッセージの詳細」画面で、閲覧状況の[詳細]をクリックします。
    詳細の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「閲覧状況」画面で、宛先のユーザーの閲覧状況と閲覧日時を確認します。
    閲覧状況の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
補足
  • 「メッセージ」画面で、備考欄の[閲覧状況]をクリックしても閲覧状況を確認できます。
    閲覧状況の操作リンクが赤枠で囲まれている画像