ファイルでのメールの管理

メールのデータをUNIX mbox形式、またはeml形式のファイルで管理します。

ファイルから読み込む

メールのデータをファイルから読み込みます。
ファイルの読み込み中にエラーが発生した場合、読み込みが中止されます。途中まで読み込まれた内容はGaroonに反映されません。
補足
  • Garoonでは、1GB以上のファイルを読み込むことができません。
    1GB以上のデータを書き出した場合は、1GB未満のファイルに分割してから読み込む必要があります。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [ファイルからの読み込み]をクリックします。
  6. 「ファイルからの読み込み」画面で、読み込むデータに必要な設定をし、[次へ]をクリックします。
    • 対象メールアカウント:
      メールデータを読み込む先のメールアカウントを設定します。
    • ファイルを読み込むフォルダー:
      読み込んだメールデータの保存先のフォルダーを選択します。
      ごみ箱フォルダーは選択できません。
    • フォーマット:
      読み込むファイルの形式を選択します。
      • UNIX mbox形式:
        1つのファイルで複数のメールを読み込みます。
      • eml形式:
        1つのファイルで1通のメールを読み込みます。
    • ファイル:
      読み込むファイルを選択します。
  7. 「ファイルからの読み込み」画面で、[はい]をクリックします。

ファイルに書き出す

メールのデータをファイルに書き出します。
下書きのメールと添付ファイルを削除したメールは、ファイルに書き出せません。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [メール]をクリックします。
  5. [ファイルへの書き出し]をクリックします。
  6. 「ファイルへの書き出し」画面で、書き出すデータに必要な項目を設定し、[書き出す]をクリックします。
    • 対象メールアカウント:
      メールデータを書き出すメールアカウントを設定します。
    • ファイルに書き出すフォルダー:
      ファイルにメールデータを書き出すフォルダーを選択します。
    • フォーマット:
      書き出すファイルの形式を選択します。
      • UNIX mbox形式:
        1つのファイルにフォルダー内のすべてのメールが書き出されます。
      • eml形式:
        1つのファイルに1通のメールが書き出されます。
  7. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。
補足
  • メールをテキストファイルに書き出す場合は、メールの詳細を表示し、[ファイルに出力する]をクリックします。
    詳細は、テキストファイルへのメールの出力を参照してください。