自動転送の設定

自動転送設定は、Garoonで受信したメールを自動で転送するための設定です。
自動転送を設定すると、指定した条件に一致する受信メールを、別のメールアドレスに転送できます。
たとえば、外出中に受信した自分宛のメールを、ほかの担当者に転送するように設定できます。
ただし、元のメールのToのメールアドレスと、自動転送設定で指定した転送先のメールアドレスが一致する場合は、メールは転送されません。
システム管理者の設定によっては、自動転送を使用できない場合があります。
補足
  • 自動転送を設定しただけでは、メールは転送されません。Garoonでメールを受信する必要があります。
  • メールを受信するには、システム管理者が自動受信を有効にするか、ユーザーが手動でメールを受信する必要があります。

自動転送設定を追加する

メールを自動転送する条件や、転送先のメールアドレスなどを設定します。
自動転送はメールアカウントごとに設定します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メール]をクリックします。
  3. 「自動転送の設定」画面を表示します。
    「自動転送の設定」画面を表示する手順は、表示しているビューによって異なります。
    • プレビュー表示の場合
      1. 「メール」画面で、オプションアイコンの[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
    • プレビュー非表示の場合
      1. 「メール」画面で、[オプション]の[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー非表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「自動転送の設定」画面で、メールアカウントをドロップダウンリストから選択し、[自動転送設定を追加する]をクリックします。
    自動転送設定を追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「自動転送設定の追加」画面で、転送設定名を入力します。
    転送設定名は必ず設定します。
    自動転送設定名を入力している画像
  6. 「転送条件」項目を設定します。
    メールを転送するための条件を設定します。
    条件の組み合わせ方法は、次のとおりです。
    • 以下のすべての条件を満たす
    • 以下のいずれかの条件を満たす

    条件には、メールの標題、Fromのメールアドレス、Toのメールアドレス、Ccのメールアドレスを利用できます。
    各項目に設定できる演算子は次のとおりです。
    • に次を含む
    • に次を含まない
    • が次と同じ
    • が次と異なる
    • が次で始まる

    条件を追加する場合は、[条件を追加する]をクリックします。
    追加した条件を削除する場合は、[削除]をクリックします。
    [条件を全て削除する]をクリックすると、設定した条件をすべて削除できます。
    「転送条件」項目を設定している画像
  7. 「転送先」項目で、転送先のメールアドレスを設定します。
    次のどちらかの方法で設定します。
    • 直接入力する
      システム管理者が、インクリメンタルサーチの利用を有効にしている場合、インクリメンタルサーチを使用してアドレスを入力することができます。
      文字を入力すると、次のデータの中から、先頭の文字が一致するユーザーの表示名またはメールアドレスが、候補として表示されます。
      • ユーザー名簿
      • 個人アドレス帳
      • アクセス権がある共有アドレス帳
      • 過去に送信したメールの宛先
      直接入力で転送先を設定している画像
    • アドレス帳に登録されたメールアドレスから選択する
      [アドレス帳から選択する]をクリックしたあと、「宛先アドレスの選択」画面で、アドレスを選択して[候補]をクリックし、[適用する]をクリックします。
      アドレス帳から転送先を設定している画像
  8. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。
注意
  • 転送先に誤ったメールアドレスを設定していると、エラーメールが繰り返し自動転送されます。転送先に正しいメールアドレスが設定されていることを確認してください。
補足
  • 「自動転送の設定」画面は、「個人設定」画面からでも表示できます。
    1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
    2. [個人設定]をクリックします。
    3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
    4. [メール]をクリックします。
    5. [自動転送の設定]をクリックします。
  • 自動転送を設定したメールアカウントが使用停止、または削除された場合、メールは転送されません。
  • 自動転送設定は、1ユーザーにつき50件まで登録できます。

自動転送設定を変更する

自動転送の転送条件や転送先などを変更します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メール]をクリックします。
  3. 「自動転送の設定」画面を表示します。
    「自動転送の設定」画面を表示する手順は、表示しているビューによって異なります。
    • プレビュー表示の場合
      1. 「メール」画面で、オプションアイコンの[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
    • プレビュー非表示の場合
      1. 「メール」画面で、[オプション]の[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー非表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「自動転送の設定」画面で、メールアカウントをドロップダウンリストから選択し、変更する自動転送設定の[変更]をクリックします。
    変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「自動転送設定の変更」画面で必要に応じて設定内容を変更します。
  6. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

自動転送設定を無効にする

指定した自動転送設定を一時的に無効にします。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メール]をクリックします。
  3. 「自動転送の設定」画面を表示します。
    「自動転送の設定」画面を表示する手順は、表示しているビューによって異なります。
    • プレビュー表示の場合
      1. 「メール」画面で、オプションアイコンの[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
    • プレビュー非表示の場合
      1. 「メール」画面で、[オプション]の[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー非表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「自動転送の設定」画面で、メールアカウントをドロップダウンリストから選択し、自動転送を無効にする自動転送設定の[有効]をマウスオーバーして、[無効にする]をクリックします。
    無効にするリンクが赤枠で囲まれている画像
    無効にしている自動転送設定を有効にする場合は、[有効にする]をクリックします。

自動転送設定を削除する

指定した自動転送設定を削除します。
注意
  • 削除した自動転送設定は、元に戻せません。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [メール]をクリックします。
  3. 「自動転送の設定」画面を表示します。
    「自動転送の設定」画面を表示する手順は、表示しているビューによって異なります。
    • プレビュー表示の場合
      1. 「メール」画面で、オプションアイコンの[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
    • プレビュー非表示の場合
      1. 「メール」画面で、[オプション]の[自動転送の設定]をクリックします。
        プレビュー非表示画面で自動転送の設定の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「自動転送の設定」画面で、メールアカウントをドロップダウンリストから選択し、削除する自動転送設定の[削除]をクリックします。
    削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  5. 「自動転送設定の削除」画面で、[はい]をクリックします。