更新通知の設定

フォルダー単位で更新通知を設定します。ファイル単位で更新通知を設定することはできません。
ただし、ユーザーは、システム管理者、または運用管理者によって更新通知が設定されたフォルダーの更新通知を解除できません。
また、ごみ箱には更新通知を設定できません。

更新通知を設定すると、指定したフォルダーに新しいファイルが追加されたり、ファイルが更新されたりした場合に、通知を受け取ることができます。
更新通知が設定されているフォルダーには、「ファイル管理」画面で、フォルダー名の右に更新通知設定済みが表示されます。
注意
  • 更新通知の設定を反映せずに、ほかのページを開こうとすると、ページを移動するかどうかのダイアログが表示されます。ページから移動すると変更は保存されません。
    ダイアログの画像
    特に、「フォルダー」タブと「設定済みのフォルダー」タブを切り替えるときや、フォルダー名や位置のリンクをクリックする際は、注意してください。

フォルダーに更新通知を設定する

フォルダーに更新通知を設定します。
操作手順:
  1. ヘッダーのアプリのアイコンをクリックします。
  2. [ファイル管理]をクリックします。
  3. 「ファイル管理」画面で、[更新通知を設定する]をクリックします。
    更新通知を設定するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  4. 「更新通知の設定」画面で、更新通知を設定するフォルダーのチェックボックスを選択します。
    フォルダーがツリー状に表示され、画面を遷移することなく、複数のフォルダーに更新通知を設定することができます。
    階層の多い、または大量のフォルダーの更新通知を設定する場合に便利です。

    ツリー表示を開閉するアイコン、またフォルダー名をクリックするとツリーが展開され、サブフォルダーを表示できます。
    更新通知を解除する場合は、フォルダーのチェックボックスの選択を外します。
    更新通知を設定するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像

    a) :キーワードを入力して、フォルダーを検索できます。検索して表示されたフォルダーをクリックすると、クリックしたフォルダーに移動します。

    b) :システム管理者、または運用管理者によって更新通知が設定されたフォルダーは、チェックボックスがグレー表示され、更新通知を解除することができません。

  5. 更新通知を設定済みのフォルダーを確認する場合は、「更新通知の設定」画面で、「設定済みのフォルダー」タブを選択します。
    手順4で、更新通知の設定を変更している場合は、ページを移動するかどうかのダイアログが表示されます。ページから移動すると変更が保存されないため、「フォルダー」タブと「設定済みのフォルダー」タブを切り替える際は、注意してください。
    設定済みのカテゴリーを表示している画像

    c) :フォルダー名をクリックすると、クリックしたフォルダーに移動します。

    d) :フォルダーの位置を示すリンクをクリックすると、親フォルダーに移動します。

  6. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

更新通知の設定をサブフォルダーに適用する

個人設定で、更新通知のサブフォルダーへの自動適用を有効にすると、親フォルダーに更新通知を設定する際、親フォルダーの設定を自動的にサブフォルダーに適用できます。
補足
  • 更新通知の自動設定は、設定後に追加、またはほかのフォルダーから移動されたサブフォルダーにだけ適用されます。設定前に作成されたサブフォルダーには適用されません。
操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。
  4. [ファイル管理]をクリックします。
  5. [更新通知の自動設定]をクリックします。
  6. 「更新通知の自動設定」画面で、「更新通知の設定をサブフォルダーに自動的に適用する」のチェックボックスを選択し、[設定する]をクリックします。
    「更新通知の自動設定」画面