CSVファイルでの個人アドレス帳の管理

個人アドレス帳のデータをCSVファイルで管理します。

CSVファイルから読み込む

個人アドレス帳のデータをCSVファイルから読み込みます。

操作手順:
  1. データを読み込むためのCSVファイルを作成します。

    CSVファイルで管理できる項目については、アドレス帳のCSVフォーマットを参照してください。

  2. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。

  3. [個人設定]をクリックします。

  4. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。

  5. [アドレス帳]をクリックします。

  6. [個人アドレス帳の読み込み]をクリックします。

  7. 「個人アドレス帳の読み込み- Step 1/2」画面で、手順1で作成したCSVファイルを選択します。

  8. 読み込むデータに必要な設定をし、[次へ]をクリックします。

    設定項目は、次のとおりです。

    • 文字コード:
      CSVファイルのデータを、選択した文字コードでエンコードします。
      選択できる文字コードは、次のとおりです。
      • ユニコード(UTF-8)
      • 日本語(シフトJIS)
      • ASCII
      • Latin1(ISO-8859-1)
      • 簡体字中国語(GB2312)
      • タイ語(TIS-620)
    • 先頭行をスキップする:
      先頭行に、項目名やコメントなどデータ以外の情報が記述されている場合は、「はい」を選択します。

  9. 「個人アドレス帳の読み込み - Step 2/2」画面で、CSVファイルの内容を確認し、[読み込む]をクリックします。

CSVファイルに書き出す

個人アドレス帳のデータをCSVファイルに書き出します。

操作手順:
  1. ヘッダーの[ユーザー名]をクリックします。

  2. [個人設定]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの設定」タブを選択します。

  4. [アドレス帳]をクリックします。

  5. [個人アドレス帳の書き出し]をクリックします。

  6. 「個人アドレス帳の書き出し」画面で、書き出すデータに必要な設定をします。

    設定項目は、次のとおりです。

    • 文字コード:
      エンコードに使用する文字コードを選択します。
      選択できる文字コードは、次のとおりです。
      • ユニコード(UTF-8)
      • 日本語(シフトJIS)
      • ASCII
      • Latin1(ISO-8859-1)
      • 簡体字中国語(GB2312)
      • タイ語(TIS-620)
    • 先頭行に項目名を書き出す:
      CSVファイルの先頭行に項目名を書き出す場合は、「はい」を選択します。

  7. 設定内容を確認し、[書き出す]をクリックします。

  8. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。