ユーザーの使用停止

Garoonへのアクセスを禁止する場合に、ユーザー情報を削除せず使用停止にすることができます。
使用停止に設定されたユーザーは、Garoonにログインできません。
不正なアクセスを防ぐため、休職や出向などで長期間Garoonにログインしないユーザーの使用を停止することを推奨します。
補足
  • 使用停止中のユーザーは、ライセンスが必要な人数から除外されます。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ユーザー]をクリックします。
  5. [組織/ユーザーの設定]をクリックします。
  6. 「組織/ユーザーの設定」画面で、組織を選択し、使用停止にするユーザーのユーザー名をクリックします。
    「組織/ユーザーの設定」画面
  7. 「ユーザーの詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「ユーザー情報の変更」画面の、「使用の停止」項目で、「停止する」のチェックボックスを選択します。
    「停止する」のチェックボックスの選択を外すと、そのユーザーは再びGaroonを使用できるようになります。
    停止するのチェックボックスが選択されている画像
  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。
補足
  • 「組織/ユーザーの設定」画面の[(使用停止中のユーザー)]をクリックすると、使用停止中のユーザーの一覧が表示されます。
    Garoonの使用を再開させる場合は、仕様を再開するユーザーのチェックボックスを選択し、[使用を再開する]をクリックします。
    使用停止中のユーザーの一覧が表示されている画像