ロールとは

ロールとは、組織とは別に、役職や役割などで分類したユーザーのグループです。
例:
  • 部長のロール
  • 新作商品開発チームのロール

Garoonでは、ロールに対して管理権限やアクセス権を設定できます。
ロールの使用例
人事部や経理部などの部長に、「部長」というロールを付与した場合の例です。
「部長」ロールに、掲示板の「社外秘」カテゴリーを利用できるアクセス権を設定します。
アクセス権の設定によって、次のようにカテゴリーの見え方が異なります。
  • 「部長」ロールを付与されたユーザー:
    掲示板の「社外秘」カテゴリーが表示されます。
    「社外秘」カテゴリーが表示されている画像
  • 「部長」ロールに付与されていないユーザー:
    掲示板の「社外秘」カテゴリーは表示されません。
    「社外秘」カテゴリーが表示されていない画像

Garoonにあらかじめ設定されているロール

初期設定では次のロールが設定されています。
動的ロール
所属するユーザーが流動的なロールです。ロール一覧には表示されません。
次のロールがあります。
  • Everyone:
    すべてのユーザーが持つロールです。アクセス権や使用権限などの対象にEveryoneを設定すると、すべてのユーザーに、Everyoneに設定した権限が適用されます。
  • LoginUser:
    ログインしているユーザーが持つロールです。アクセス権や使用権限などの対象にLoginUserを設定すると、ユーザーがGaroonにログインしている間、そのユーザーにLoginUserに設定した権限が適用されます。
  • Owner:
    現在、このロールに該当するユーザーはありません。
  • CommandLine:
    コマンドラインから実行したときに持つロールです。
静的ロール
所属するユーザーが固定されているロールです。
  • Administrators:
    システム管理権限を持つロールです。