ログの保存期間の変更

ログの保存期間は、初期値では「90日」に設定されています。
ログの詳細は、保存期間内であれば「ログ一覧」画面で確認できますが、保存期間を過ぎたものはアーカイブでのみ確認できます。
ログの保存期間は必要に応じて、設定ファイル(common.ini)で変更できます。
操作手順:
  1. GaroonがインストールされているサーバーのWebサーバーサービスを停止します。
  2. common.iniファイルを開きます。
    標準のインストール先ディレクトリーにGaroonをインストールした場合は、次のディレクトリーにcommon.iniファイルが作成されます。
    • Windows環境:
      C:¥Inetpub¥scripts¥cbgrn
    • Linux環境:
      /var/www/cgi-bin/cbgrn
  3. [Logging]セクションの「retention_period」に、ログの保存期間を日数で指定します。
    ログの保存期間は、1~365日の範囲で指定できます。
    ログの保存期間を180日に変更する場合の例:
    • 変更前
      [Logging]
      rotation = "100000"
      retention_period = "90" 
    • 変更後
      [Logging]
      rotation = "100000"
      retention_period = "180"
  4. common.iniファイルを保存します。
    複数のサーバーでGaroonを運用している場合は、すべてのサーバーで手順2から手順4を実行します。
  5. GaroonがインストールされているサーバーのWebサーバーを起動します。