管理者の設定

Garoonの管理者には次の種類があります。
  • システム管理者:
    Garoonのシステム全体を管理する管理者です。
    初期設定では、次のユーザーがGaroonのシステム管理者となります。
    • Administrator
    • Administratorsロールに所属するユーザー
  • 基本システム管理者:
    アプリケーションの使用可否やローカライズなどを設定する管理者です。
    基本システム管理者は、システム管理者が任命します。
  • 組織の運用管理者:
    特定の組織で、ユーザーと組織に関する管理業務を行うユーザーです。
    組織の運用管理者は、システム管理者、または基本システム管理者が任命します。
  • アプリケーション管理者:
    個別のアプリケーションに対する管理権限を持つ管理者です。
    アプリケーション管理者は、システム管理者がアプリケーションごとに任命します。
  • 各アプリケーションの運用管理者:
    各アプリケーションの運用管理者は、システム管理者またはアプリケーション管理者から、アプリケーションの運用を任されているユーザーです。
    運用管理者を設定する方法は、アプリケーションによって異なります。

システム管理者を設定する

Garoonのシステム管理者を設定します。
Administrator以外のユーザーをシステム管理者に設定するには、対象のユーザーにAdministratorsロールを付与します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [ユーザー]をクリックします。
  5. [ロールの設定]をクリックします。
  6. 「ロールの設定」画面で、ロール一覧の「Administrators」を選択し、[ロールを所持させる]をクリック します。
    「ロールの設定」画面
  7. 「ロールの所持」画面で、Administratorsロールを付与するユーザーを選択し、[追加]をクリックします。
    所持させるボタンが赤枠で囲まれている画像
  8. [所持させる]をクリックします。
    「ロールの所持」画面
  9. システム管理者を削除する場合は、「ロールの設定」画面で対象のユーザーをAdministratorsロールから削除します。
    Garoonに初期設定で登録されているAdministratorユーザーは削除できません。
    「ロールの設定」画面

Administratorのパスワードを再設定する

GaroonのAdministratorのパスワードを紛失した場合は、コマンドを使用してパスワードを再設定します。

Windows環境

次の環境でGaroonをインストールした場合を例に、Administratorのパスワードの再設定手順を説明します。
  • インストール識別子: cbgrn
  • CGIディレクトリー: C:\Inetpub\scripts
操作手順:
  1. コマンド プロンプトを起動し、次のディレクトリーに移動します。
    cd C:¥Inetpub¥scripts¥cbgrn
  2. set_admin_password.cspを実行します。
    .¥grn.exe -C -q code¥command¥set_admin_password.csp
  3. 「yes」を入力し、Enterキーを押します。
  4. 新しいパスワードを入力し、Enterキーを押します。
  5. 確認用のパスワードを入力し、Enterキーを押します。

Linux環境

次の環境でGaroonをインストールした場合を例に、Administratorのパスワードの再設定手順を説明します。
  • インストール識別子: cbgrn
  • CGIディレクトリー: /var/www/cgi-bin
操作手順:
  1. コンソールを起動し、次のディレクトリーに移動します。
    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn
  2. set_admin_password.cspを実行します。
    ./grn.cgi -C -q code/command/set_admin_password.csp
  3. 「yes」を入力し、Enterキーを押します。
  4. 新しいパスワードを入力し、Enterキーを押します。
  5. 確認用のパスワードを入力し、Enterキーを押します。

基本システム管理者を設定する

基本システムの管理権限を付与された管理者を設定します。
基本システム管理者は、次の管理項目に対して、システム管理者と同じ操作ができます。
  • お客様情報
  • アプリケーション
  • ユーザー
  • 認証
  • シングルサインオン
  • ファイル
  • 画面
  • カレンダー
  • ロギング
  • ライセンス
  • 外部サーバー
  • ローカライズ
  • API
基本システム管理者は、システム管理者が任命します。

基本システムの管理権限を追加する

基本システム管理者を追加するには、組織、ユーザー、またはロールに、基本システムの管理権限を付与します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [基本システムの管理権限]をクリックします。
  6. 「基本システムの管理権限」画面で、[追加する]をクリックします。
    追加するリンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「基本システムの管理権限の追加」画面で、管理権限を追加する組織、ユーザー、またはロールを選択し、[追加]をクリックします。
    ロールを選択するには、「ロール」タブに表示を切り替えます。
    [追加]をクリックしたあとにタブを切り替えると、切り替える前に選択した組織、ユーザー、またはロールの選択が解除されます。
    「基本システムの管理権限の追加」画面
  8. [追加する]をクリックします。
    追加するが赤枠で囲まれている画像
    基本システム管理者は、初期設定では何も権限が付与されていません。基本システムの管理権限を変更する必要があります。

基本システムの管理権限を変更する

基本システム管理者が操作できる機能を設定します。
補足
  • 基本システム管理者には、基本システム管理者とアプリケーション管理者を設定する権限がありません。
    システム管理者だけが、基本システム管理者とアプリケーション管理者を設定できます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [基本システムの管理権限]をクリックします。
  6. 「基本システムの管理権限」画面で、権限を変更する組織、ユーザー、またはロールの[変更]をクリックします。
    変更するリンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「基本システムの管理権限の変更」画面で、許可する管理項目のチェックボックスを選択し、[変更する]をクリックします。
    「基本システムの管理権限の変更」画面

基本システムの管理権限を削除する

基本システム管理者を削除します。

注意
  • 削除した基本システム管理者は元に戻せません。

基本システムの管理権限を選択して削除する

基本システムの管理権限を選択して削除します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [基本システムの管理権限]をクリックします。
  6. 「基本システムの管理権限」画面で、削除する組織、ユーザー、またはロールのチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    「基本システムの管理権限」画面
  7. 「基本システムの管理権限の一括削除」画面で、[はい]をクリックします。

すべての基本システムの管理権限を削除する

設定した基本システムの管理権限をすべて削除します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [基本システムの管理権限]をクリックします。
  6. 「基本システムの管理権限」画面で、[すべて削除]を選択します。
    すべて削除リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「基本システムの全管理権限の削除」画面で、[はい]をクリックします。

組織の運用管理者を設定する

特定の組織でユーザーと組織に関する管理業務を行う運用管理者を設定します。
組織の運用管理者は、システム管理者、または基本システム管理者が任命します。
たとえば、支社単位で組織の運用管理者を設定すると、人事異動に伴う作業は支社単位で完結できるようになります。
利用イメージ
ユーザーと組織の運用管理者の利用イメージ
組織とユーザーを管理する運用管理者の詳細は、組織の運用管理者の管理を参照してください。

アプリケーション管理者を設定する

アプリケーションの管理権限を付与された管理者を設定します。
アプリケーション管理者は、権限を与えられたアプリケーションに対して、システム管理者と同じ操作ができます。
アプリケーション管理者は、システム管理者がアプリケーションごとに任命します。

アプリケーションの管理権限を追加する

アプリケーション管理者を追加するには、組織、ユーザー、またはロールに、アプリケーションの管理権限を付与します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [アプリケーションの管理権限]をクリックします。
  6. 「アプリケーションの管理権限」画面で、[追加する]をクリックします。
    追加するリンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「アプリケーションの管理権限の追加」画面で、管理権限を追加する組織、ユーザー、またはロールを選択し、[追加]をクリックします。
    ロールを選択するには、「ロール」タブに表示を切り替えます。
    [追加]をクリックしたあとにタブを切り替えると、切り替える前に選択した組織、ユーザー、またはロールの選択が解除されます。
    「アプリケーションの管理権限の追加」画面
  8. [追加する]をクリックします。
    追加するが赤枠で囲まれている画像
    アプリケーション管理者は、初期設定では何も権限が付与されていません。アプリケーションの管理権限を変更する必要があります。

アプリケーションの管理権限を変更する

アプリケーション管理者が操作できる機能を設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [アプリケーションの管理権限]をクリックします。
  6. 「アプリケーションの管理権限」画面で、権限を変更する組織、ユーザー、またはロールの[変更]をクリックします。
    変更リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「アプリケーションの管理権限の変更」画面で、操作を許可するアプリケーションのチェックボックスを選択し、[変更する]をクリックします。
    「アプリケーションの管理権限の変更」画面

アプリケーションの管理権限を削除する

アプリケーション管理者を削除します。
注意
  • 削除したアプリケーション管理者は元に戻せません。

アプリケーションの管理権限を選択して削除する

アプリケーションの管理権限を選択して削除します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [アプリケーションの管理権限]をクリックします。
  6. 「アプリケーションの管理権限」画面で、削除する組織、ユーザー、またはロールのチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    削除するボタンが赤枠で囲まれた画像
  7. 「アプリケーションの管理権限の一括削除」画面で、[はい]をクリックします。

すべてのアプリケーションの管理権限を削除する

設定したアプリケーションの管理権限をすべて削除します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [管理権限]をクリックします。
  5. [アプリケーションの管理権限]をクリックします。
  6. 「アプリケーションの管理権限」画面で、[すべて削除]を選択します。
    すべて削除リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「アプリケーションの全管理権限の削除」画面で、[はい]をクリックします。

運用管理者を設定する

アプリケーションごとに運用管理権限を設定します。
運用管理者となったユーザーの画面には、権限を持つ管理機能のメニューが表示されます。
管理できる項目については、各アプリケーションの運用管理権限に関するページを参照してください。
掲示板の運用管理者の画面例:
掲示板の管理機能のメニューが赤枠で囲まれた画像

a) :運用管理者が使用する管理機能のメニュー


運用管理者を設定する方法は、アプリケーションによって異なります。