認証データベースの設定

認証データベースを設定します。
LDAPサーバーを使用する場合、仕様によってはユーザーの空パスワードでのログインを禁止する必要があります。
詳細は、パスワードの制限を参照してください。
注意

認証データベースを追加する

LDAPサーバーを、Garoonの認証データベースとして追加します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [認証]をクリックします。
  5. [認証データベース]をクリックします。
  6. 「認証データベース」画面で、[認証データベースを追加する]をクリックします。
    認証データベースを追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「認証データベースの追加- Step 1/2」で、認証データベース形式に「LDAP」が選択されていることを確認し、[次へ]をクリックします。
  8. 「認証データベースの追加- Step 2/2」画面で、必要な項目を設定します。
    認証データベースを追加している画像
    設定項目の詳細は、認証データベース認証の設定項目を参照してください。
  9. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。
補足
  • 認証データベースの形式にLDAPSを使用する場合は、ポート番号を設定する必要はありません。

認証データベースの設定項目

認証データベースの設定項目は、次のとおりです。
項目 説明
表示名 認証データベースの表示名を入力します。
表示名は必ず設定します。
SSLの使用 サーバーに送信する内容をSSLで暗号化する場合は、チェックボックスを選択します。
サーバー名 使用する認証サーバーのサーバー名を入力します。
サーバー名は次のいずれかを指定します。
  • LDAPサーバーのFQDN
  • ホスト名
  • IPアドレス
サーバー名は必ず設定します。
ポート番号 認証時に使用するポート番号を入力します。
この欄は、サーバーとの通信にSSLを使用する場合は無効になります。
ポート番号は必ず設定します。
匿名を使用する 匿名ユーザーでLDAPサーバーと通信する場合は、チェックボックスを選択します。
アカウント名 LDAPサーバーと通信を行うユーザーを、DN形式、またはメールアドレス形式(UserPrincipalName)で入力します。
この欄は、匿名を使用する場合は無効になります。
アカウント名は必ず設定します。
パスワード アカウントのパスワードを入力します。
この欄は、匿名を使用する場合は無効になります。
パスワードは必ず設定します。
パスワード(確認用) 「パスワード」欄に入力したパスワードを入力します。
この欄は、匿名を使用する場合は無効になります。
パスワード(確認用)は必ず設定します。
検索の基点 DN 検索の基点DNを入力します。
例:dc=cybozu,dc=sample,dc=com
検索フィルター 検索フィルターを入力します。
例:(sAMAccountName=%s)
認証方式 認証方式を選択します。
選択できる認証方式は次のとおりです。
  • 平文パスワード(simple authentication)
  • SASL DIGEST-MD5
  • SASL CRAM-MD5
接続条件 LDAPサーバーに接続する際の条件を設定する場合のみ、「接続条件を設定する」のチェックを選択します。
  • ログイン名:
    LDAPサーバーへのログイン名を次のどちらかの条件で指定します。
    文字列は100文字まで入力できます。
    • プレフィックスが次と同じ:
      ログイン名の冒頭の文字列を指定します。
      例: 「ldap_○○○」
    • サフィックスが次と同じ:
      ログイン名の末尾の文字列を指定します。
      例: 「○○○_ldap」
  • 認証時にログイン名からプレフィックス/サフィックス文字列を除外する:
    ユーザーをLDAPサーバーで認証する際に、上記で設定したログイン名の条件を除外する場合は、チェックボックスを選択します。
補足
  • LDAPサーバーに関する項目の詳細は、サイボウズオフィシャルパートナー、または販売元にお問い合わせください。

認証データベースを変更する

認証データベースの表示名やサーバー名などを変更します。
標準データベースの設定は変更できません。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [認証]をクリックします。
  5. [認証データベース]をクリックします。
  6. 「認証データベース」画面で、変更する認証データベースの表示名をクリックします。
  7. 「認証データベースの詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「認証データベースの変更」画面で、必要に応じて設定を変更します。
  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

認証データベースを順番変更する

管理者が追加した認証データベースが2つ以上ある場合に、認証データベースの順番を変更できます。
ただし、「標準データベース」は順番を変更できません。常に一番上に表示されます。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [認証]をクリックします。
  5. [認証データベース]をクリックします。
  6. 「認証データーベース」画面で、[認証データベースを順番変更する]をクリックします。
    認証データベースを順番変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「認証データベースの順番変更」画面で、認証データベースの表示順を変更します。
  8. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

認証データベースを削除する

認証データベースを削除します。
ログイン認証やセッション認証で使用中の認証データベースを削除した場合、認証で使用している認証データベースは、自動的に標準データベースに置き換わります。
標準データベースは削除できません。
注意
  • 削除したデータベースは、元に戻せません。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  4. [認証]をクリックします。
  5. [認証データベース]をクリックします。
  6. 「認証データベース」画面で、削除する認証データベースのチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    削除する認証データベースを選択している画像
  7. 「認証データベースの一括削除」画面で、[はい]をクリックします。
補足
  • 手順6で、削除する認証データベースの表示名をクリックし、「認証データベースの詳細」画面で[削除する]をクリックしても、認証データベースを削除できます。