ファイル管理

ファイル管理に関するデータの読み込みに使用するCSVファイルのフォーマットを説明します。

フォルダー

フォルダーの読み込みに使用するCSVファイルのフォーマットを説明します。
補足
  • 既存のフォルダー情報を更新する場合は、「フォルダーコード」に、Garoonに登録されているフォルダーのフォルダーコードを記述します。
CSVファイルの書式
親フォルダーコード,フォルダーコード,フォルダー名,メモ
記述例:
フォルダーのCSVファイルの記述例
CSVファイルの項目と仕様
項目 文字数 必須 備考
親フォルダーコード 100文字  
フォルダーコード 100文字  
フォルダー名 100文字 標準のフォルダー名を記述します。
メモ 65535文字   1バイト文字を最大65535文字記述できます。使用する文字のバイト数によって記述できる文字数が異なります。

フォルダー名

フォルダー名の読み込みに使用するCSVファイルのフォーマットを説明します。
注意
  • 「フォルダーコード」に、Garoonに登録されていないフォルダーのフォルダーコードが設定されていた場合、その言語ごとのフォルダー名は読み込まれません。
  • CSVファイルを読み込ませることで、CSVファイルに記載しなかった既存の言語ごとのフォルダー名が、削除されることはありません。
    ただし、「言語コード」を記述していても、「フォルダー名」を空欄にすると、その言語のフォルダー名は削除されます。
CSVファイルの書式
フォルダーコード,言語コード,フォルダー名
記述例:
フォルダー名のCSVファイルの記述例
CSVファイルの項目と仕様
項目 文字数 必須 備考
フォルダーコード 100文字  
言語コード   次のいずれかの言語コードを記述します。
  • ja
    日本語の言語コードです。
  • en
    英語の言語コードです。
  • zh
    中国語(简体)の言語コードです。
  • zh-tw
    中国語(繁體)の言語コードです。
    中国語(繁體)とは、繁体字のことです
フォルダー名 100文字   言語ごとのフォルダー名を記述します。

アクセス権

アクセス権の読み込みに使用するCSVファイルのフォーマットを説明します。
アクセス権はフォルダーに対して設定します。アクセス権を設定するフォルダーごとに、セキュリティモデルを設定する行と、アクセス権を設定する行を記述します。
補足
  • アクセス権のデータを読み込む場合、CSVファイルに記述されている対象がGaroonに登録されていないと、エラーが発生します。
  • CSVファイルからアクセス権データを読み込むと、既存のアクセス権データとの差分が読み込まれます。
CSVファイルの書式
  • セキュリティモデルを設定する行:
    フォルダーのセキュリティモデルを記述します。書式は次のとおりです。
    フォルダーコード,設定項目,設定値
  • アクセス権を設定する行:
    設定するアクセス権を、設定対象ごとに行を分けて記述します。書式は次のとおりです。
    フォルダーコード,設定項目,設定値,設定対象
記述例:
アクセス権のCSVファイルの記述例

a) :1件目のデータ

b) :2件目のデータ

c) :セキュリティモデルを設定する行

d) :アクセス権を設定する行

セキュリティモデルを設定する行の項目と仕様
項目 文字数 必須 備考
フォルダーコード 100文字  
設定項目   「security_model」を記述します。
設定値   次のどちらかを記述します。
  • revoke
    制限の対象を選択する場合に記述します。
  • grant
    許可の対象を選択する場合に記述します。
「revoke」と「grant」についての詳細は、セキュリティモデルの説明を参照してください。
アクセス権を設定する行の項目と仕様
項目 文字数 必須 備考
フォルダーコード 100文字 セキュリティモデルを設定する行と同じカテゴリーコードを記述します。
設定項目   アクセス権を設定する対象の種別を記述する項目です。記述できる種別は、次のとおりです。
  • user
    ユーザーのアクセス権を設定する場合に記述します。
  • group
    組織のアクセス権を設定する場合に記述します。
  • dynamic_role
    動的ロールのアクセス権を設定する場合に記述します。
  • static_role
    静的ロールのアクセス権を設定する場合に記述します。
設定値     「設定対象」に許可する操作を記述する項目です。複数の権限を設定する場合は、「RW」のように文字を並べて記述します。記述できる文字は、次のとおりです。
  • R
    閲覧の権限を許可する場合に記述します。
  • W
    書き込みの権限を許可する場合に記述します。
    書き込みの権限を許可する場合は、閲覧の権限も許可する必要があります。

すべての操作を制限する場合は「設定値」を空にします。
  • セキュリティモデルが制限の対象を選択するrevokeの場合:
    「アクセス権一覧」画面では、すべての許可する権限の項目に「×」が表示されます。許可される権限がないため、すべての操作ができません。
  • セキュリティモデルが許可の対象を選択するgrantの場合:
    「アクセス権一覧」画面には、何も表示されません。許可の対象が設定されていないため、すべての操作ができません。
    「設定対象」に記述したユーザー、組織、またはロールのアクセス権がすでに登録されている場合、「設定値」を空にしてCSVファイルを読み込むと、その登録情報が削除されます。
設定対象 100文字 「設定項目」の種別に応じたコードを記述します。記述できるコードは、次のとおりです。
  • ログイン名
    「設定項目」に、「user」を記述した場合は、そのユーザーのログイン名を記述します。
  • 組織コード
    「設定項目」に、「group」を記述した場合は、その組織の組織コードを記述します。
  • ロール名
    「設定項目」に、「dynamic_role」または「static_role」を記述した場合は、そのロールのロール名を記述します。

通知設定

フォルダーの通知設定の読み込みに使用するCSVファイルのフォーマットを説明します。
CSVファイルの書式
フォルダーコード,設定項目,設定値,設定対象
記述例:
通知設定のCSVファイルの記述例
CSVファイルの項目と仕様
項目 文字数 必須 備考
フォルダーコード 100文字  
設定項目   通知を設定する対象の種別を記述する項目です。
記述できる種別は、次のとおりです。
  • user
    ユーザーの通知を設定する場合に記述します。
  • group
    組織の通知を設定する場合に記述します。
  • dynamic_role
    動的ロールの通知を設定する場合に記述します。
  • role
    静的ロールの通知を設定する場合に記述します。
設定値   次のいずれかを記述します。
  • 0
    通知を解除する場合に記述します。
  • 1
    通知を設定する場合に記述します。
「0」と「1」以外を記述すると、CSVファイルの読み込み時にエラーが発生します。
設定対象 100文字   「設定項目」の種別に応じたコードを記述します。
記述できるコードは、次のとおりです。
  • ログイン名
    「設定項目」に、「user」を記述した場合は、そのユーザーのログイン名を記述します。
  • 組織コード
    「設定項目」に、「group」を記述した場合は、その組織の組織コードを記述します。
  • ロール名
    「設定項目」に、「dynamic_role」または「role」を記述した場合は、そのロールのロール名を記述します。