コマンドの実行手順

コマンドを実行する手順について説明します。
注意
  • コマンドラインを使用したアプリケーションのデータの削除は、ユーザーがGaroonを使用していない時間帯に行うことを推奨します。削除処理中は、Garoonへの負荷が高くなり、業務に支障をきたす場合があります。

Windows環境の場合

Windows環境でコマンドを実行します。
コマンドは、Administrator権限を持つユーザーで実行します。
次の環境でGaroonをインストールした場合を例に説明します。
  • インストール識別子:cbgrn
  • CGIディレクトリー:C:¥inetpub¥scripts
操作手順:
  1. Garoonを初期化する場合のみスケジューリングサービスを停止します。
    Windowsのスタートメニューから、[管理ツール] > [サービス]を選択し、次のサービスを停止します。
    • Cybozu_Scheduling_Service_cbgrn
  2. コマンドプロンプトを起動します。
  3. 次のコマンドを実行し、カレントディレクトリーを変更します。
    cd C:¥inetpub¥scripts¥cbgrn
  4. 次のコマンドを実行します。
    .¥grn.exe -C -q code¥command¥[コマンド] [引数]
  5. Garoonを初期化する場合のみスケジューリングサービスを起動します。
    Windowsのスタートメニューから、[管理ツール] > [サービス]を選択し、次のサービスを起動します。
    • Cybozu_Scheduling_Service_cbgrn

Linux環境の場合

Linux環境でコマンドを実行します。
コマンドは、root権限を持つユーザーで実行します。
DB分割構成でGaroonを運用している場合は、いずれかのアプリケーションサーバー(Webサーバーが動作しているサーバー)でコマンドを実行します。
次の環境でGaroonをインストールした場合を例に説明します。
  • インストール識別子:cbgrn
  • CGIディレクトリー:/var/www/cgi-bin
操作手順:
  1. コンソールを起動します。
  2. Garoonを初期化する場合のみスケジューリングサービスを停止します。
    /etc/init.d/cyss_cbgrn stop
  3. 次のコマンドを実行し、カレントディレクトリーを変更します。
    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn
  4. 次のコマンドを実行します。
    ./grn.cgi -C -q code/command/[コマンド] [引数]
  5. Garoonを初期化する場合のみスケジューリングサービスを起動します。
    /etc/init.d/cyss_cbgrn start