バックアップ方法

Garoonのバックアップには、次の2種類の方法があります。
  • OSのコマンドを使用したバックアップ
  • mysqldumpを使用したバックアップ

それぞれの違いを確認したうえで、バックアップ方法を選択してください。
補足
  • mysqldumpは、MySQLと同時にインストールされます。
  • GaroonはMySQLのテーブルにInnoDBを使用しています。InnoDBに対応していないバックアップツール(mysqlhotcopyコマンド)は使用できません。

OSのコマンドを使用したバックアップとは

データベースを停止した状態でバックアップする方法です。
OSのコマンド(cp、copy)を使用して、dataディレクトリーとfilesディレクトリーをバックアップします。
バックアップ中は、ユーザーはGaroonにアクセスできません。
Garoonにアクセスできない時間を説明した画像
バックアップ中にGaroonにアクセスすると、次の画面が表示されます。
バックアップ中にGaroonにアクセスすると表示される画面
操作方法の詳細は、OSのコマンドを使用したバックアップを参照してください。

mysqldumpを使用したバックアップとは

データベースを起動した状態でバックアップする方法です。
mysqldumpを使用して、dataディレクトリーをバックアップします。
filesディレクトリーは、OSのコマンドを使用して別途バックアップする必要があります。データの整合性を保つために、バックアップ中はデータベースの更新を禁止する必要があります。
Garoonでは、mysqldumpを使用したバックアップの際に、データベースの更新を禁止できる「バックアップモード」を搭載しています。
バックアップモードに設定し、バックアップ中はユーザーがGaroonにアクセスできないようにします。
Garoonにアクセスできない時間を説明した画像
バックアップ中にGaroonにアクセスすると、次の画面が表示されます。
バックアップ中にGaroonにアクセスすると表示される画面
操作方法の詳細は、mysqldumpを使用したバックアップを参照してください。