申請フォームの有効化

申請フォームをユーザーが使用できる状態にします。
申請経路が設定されていない場合、申請フォームを有効にできません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  6. 「申請フォームの一覧」画面で、カテゴリーを選択し、有効にする申請フォームの申請フォーム名をクリックします。
  7. 「申請フォームの詳細」画面で、「申請フォーム情報」の[有効にする]をクリックします。
    有効にする操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「申請フォームの有効化」画面で、[はい]をクリックします。

申請フォームを無効にする

申請フォームを使用停止の状態にします。
無効にした申請フォームは、ユーザー画面に表示されません。
申請フォームを無効にしても、進行中の申請データ、および差し戻された申請データは、引き続き処理が可能です。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [申請フォームの一覧]をクリックします。
  6. 「申請フォームの一覧」画面で、カテゴリーを選択し、無効にする申請フォームの申請フォーム名をクリックします。
  7. 「申請フォームの詳細」画面で、「申請フォーム情報」の[無効にする]をクリックします。
    無効にする操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「申請フォームの有効化」画面で、[はい]をクリックします。