申請フォームの作成の流れ

申請フォームを作成する前に、次の内容を整理しメモとして書き出しておくと、スムーズに作業できます。
  • どのような承認処理に対応する申請フォームか
  • 申請フォームに必要な項目は何か
  • 必要な承認者や回覧者は誰か、また何名か
  • どのような処理フローが最適か

すでに上記の内容を準備している場合は、Step5からスタートしてください。
  1. Step1
    申請内容のパターンを洗い出し、整理します。
    申請内容のパターンを洗い出しているイメージ
  2. Step2
    作成するパターンを決め、申請フォームに必要な項目を洗い出します。
    申請フォームに必要な項目を洗い出しているイメージ
  3. Step3
    出来上がりの項目の並びをイメージします。
    出来上がりのイメージ
  4. Step4
    承認者や回覧者に誰を何名配置するか、処理フローをイメージします。
    処理フローのイメージ
  5. Step5
    申請フォームを追加し、基本情報を設定します。
    申請フォーム名や申請フォームコードなどを設定します。
    詳細は、申請フォームの追加を参照してください。
    申請フォームのアイコンを変更したり、申請データに番号を付与したりすることもできます。
    詳細は、次のページを参照してください。
    申請フォームのアイコンを変更する
    申請 / 決裁番号の設定
    申請フォーム情報を設定しているイメージ
  6. Step6
    申請フォームの項目を設定します。
    詳細は、申請フォームの項目の設定を参照してください。
    項目を設定しているイメージ
  7. Step7
    申請フォームの表示を確認します。
    詳細は、申請フォームのプレビューを参照してください。
    申請フォームを確認している画像
  8. Step8
    申請フォームの作業履歴やメモを残します。
    詳細は、管理者用メモを変更する方法を参照してください。
  9. Step9
    申請経路を設定します。
    詳細は、経路情報の設定を参照してください。
    必要に応じて、設定された経路の一部の経路ステップを省略し、経路を分岐することもできます。
    詳細は、経路分岐の設定を参照してください。
    申請経路を設定しているイメージ
  10. Step10
    申請経路の表示を確認します。
    詳細は、経路のプレビューを参照してください。
    申請経路を確認している画像
  11. Step11
    申請経路の作業履歴やメモを残します。
    詳細は、設定した経路の種類に応じて、次のページを参照してください。
    共有経路:管理者用メモを変更する
    専用経路:管理者用メモを変更する
  12. Step12
    申請フォームをユーザーに公開します。
    詳細は、申請フォームの有効化を参照してください。
    ユーザーに、申請フォームが使用可能になったことを連絡します。