代理人の設定

ユーザーの代理人を設定します。代理人を設定しておくと、申請者や処理者が不在の場合に、ほかのユーザーで申請の処理を滞ることなく進められます。
  • 代理申請者:
    本来の申請者の代わりに、申請データを提出するユーザーです。
    操作方法は、申請の代理提出を参照してください。
  • 代理承認者:
    本来の承認者の代わりに、申請データを処理するユーザーです。
    操作方法は、申請の代理処理を参照してください。
ユーザーごとに、代理申請者と代理承認者を1人ずつ設定できます。
代理申請者と代理承認者は同一のユーザーを設定できます。
代理申請者が提出した申請に対して、委任者も次の操作が行えます。
  • 閲覧
  • 取り戻し
  • 取り消し
  • 再利用
補足
  • 代理申請や代理承認を行うには、一般設定で、代理申請や代理承認を許可する必要があります。詳細は、次のページを参照してください。
    代理申請を許可する
    代理承認を許可する
  • 代理人に設定されたことは、代理人のユーザーに通知されません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ワークフロー]をクリックします。
  5. [代理人の設定]をクリックします。
  6. 「代理人の設定」画面で、組織を選択し、代理人を設定するユーザーの[変更]をクリックします。
    変更の操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「代理人の変更」画面で、代理申請者または代理承認者を選択し、[追加]をクリックします。
    代理申請者または代理承認者のどちらか一方のみを設定することもできます。
    代理人を削除するには、設定されている代理申請者または代理承認者を選択し、[削除]をクリックします。
    追加の操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。