ポートレットグループの運用管理権限の設定

ポートレットグループごとに運用管理者を設定します。
運用管理者は、システム管理者からポートレットグループ内のHTMLポートレットの運用管理権限を付与されているユーザーです。
運用管理者に設定されると、「ポータル」画面のオプションアイコンをクリック すると、[HTMLポートレットの設定]が表示され、ユーザー画面でHTMLポートレットを管理できるようになります。
HTMLポートレットの設定リンクが赤枠で囲まれた画像
[HTMLポートレットの設定]をクリックすると、「HTMLポートレット」画面が表示されます。
「HTMLポートレット」画面
運用管理者ができる操作は、次のとおりです。

運用管理権限を設定する

ポートレットグループごとに、運用管理権限を付与します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [ポートレットグループの運用管理権限]をクリックします。
  6. 「ポートレットグループの運用管理権限」画面で、ポートレットグループを選択します。
  7. 「運用管理権限の一覧」画面で、[追加する]をクリックします。
    追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「運用管理権限の追加」画面で、運用管理権限を設定する組織、ユーザー、またはロールを選択し、[追加]をクリックします。
    ロールを選択するには、「ロール」タブに表示を切り替えます。
    [追加]をクリックしたあとにタブを切り替えると、切り替える前に選択した組織、ユーザー、またはロールの選択が解除されます。
    「運用管理権限の追加」画面
  9. [追加する]をクリックします。
    追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像

運用管理権限を削除する

組織やユーザーに付与された運用管理権限を削除します。
注意
  • 削除した運用管理権限は、元に戻せません。

運用管理権限を選択して削除する

運用管理権限を選択して削除します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [ポートレットグループの運用管理権限]をクリックします。
  6. 「ポートレットグループの運用管理権限」画面で、ポートレットグループを選択します。
  7. 「運用管理権限の一覧」画面で、削除する運用管理権限のチェックボックスを選択し、[削除する]をクリックします。
    削除する運用管理権限が選択されている画像
  8. 「運用管理権限の一括削除」画面で、[はい]をクリックします。

運用管理権限をすべて削除する

運用管理権限をすべて削除します。
操作手順:
  1. ヘッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [ポータル]をクリックします。
  5. [ポータルの運用管理権限]をクリックします。
  6. 「ポータルの運用管理権限」画面で、ポータルを選択します。
  7. 「運用管理権限の一覧」画面で、[すべて削除]をクリックします。
    すべて削除の操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「全運用管理権限の削除」画面で、[はい]をクリックします。