自動削除の設定

保存期間を過ぎると、設定した時刻に自動的に通知が削除されます。
初期設定では、保存期間が終了した翌日の23時00分(UTC 14:00)に通知の自動削除を開始します。
通知の自動削除を開始する時刻を変更します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [通知一覧]をクリックします。
  5. [自動削除の設定]をクリックします。
  6. 「自動削除の設定」画面で、通知の削除処理を開始する時刻を指定します。
    自動削除の設定画面
  7. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
補足
  • 通知の削除処理の開始時刻には、時刻を設定したシステム管理者のタイムゾーンが適用されます。システム管理者が、サマータイムを設定しているタイムゾーンを使用している場合は、サマータイムの時刻で通知の削除が開始されます。