メッセージの一般設定

メッセージの「一般設定」画面では、メッセージの基本的な機能を設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [メッセージ]をクリックします。
  5. [一般設定]をクリックします。
  6. 「一般設定」画面の「閲覧状況確認の初期状態」項目で、「閲覧状況を確認する」の初期状態を設定します。
    閲覧状況確認を使用すると、メッセージの宛先に設定されているユーザーが、いつメッセージを閲覧したのかを確認することができます。
    閲覧状況を確認するの初期状態を設定している画像
    「チェックを入れる」のチェックボックスを選択すると、「メッセージの作成」画面で、「閲覧状況を確認する」のチェックボックスが選択された状態になります。
    「メッセージの作成」画面で「閲覧状況を確認する」のチェックボックスが初期状態で選択されている画像
  7. 「書式編集機能の使用許可」項目で、書式編集機能の使用を許可するかどうかを設定します。
    書式編集機能の使用許可を設定している画像
  8. 「閲覧状況確認の動作モード」項目で、閲覧状況確認が設定されているメッセージが、閲覧済みメッセージとして扱われるタイミングを設定します。
    次のいずれかの項目を選択します。
    • 手動:
      宛先のユーザーが「メッセージの詳細」画面で、[確認しました]をクリックすると、閲覧済みのメッセージとして処理されます。
      詳細は、閲覧状況の確認を参照してください。
    • 自動:
      宛先のユーザーが「メッセージの詳細」画面を表示すると、閲覧済みのメッセージとして扱われます。
    閲覧状況の動作モードを設定している画像
  9. 「コメントのアンカー機能の使用許可」項目で、コメントでアンカー機能を使用できるかどうかを設定します。
    アンカー機能とは、コメントに「>>2」のように記入すると、2番目のコメントへのリンクが生成される機能です。
    コメントのアンカー機能の使用許可を設定している画像
    アンカー機能の使用を許可すると、過去に作成したメッセージでも、アンカー機能が使用できるようになります。
    コメントのアンカー機能が設定されている画像
  10. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。