アドレス帳の項目の設定

共有アドレス帳の項目を設定します。
共有アドレス帳には、次の2種類の項目があります。
  • 組み込み項目:
    初期設定で設定されている項目です。項目を使用するかどうかや、アドレス帳に項目を表示するかどうかを設定できます。
    組み込み項目は、次のとおりです。
    • 表示名
      「表示名」項目は変更できません。
    • 個人名
    • 個人名(よみ)
    • 会社名  
    • 会社名(よみ)
    • 部課名
    • 郵便番号
    • 住所
    • 路線
    • 会社電話番号
    • 会社FAX番号
    • URL
    • 役職名
    • 個人電話番号
    • E-mail
    • 画像
    • メモ
  • カスタマイズ項目:
    システム管理者が必要に応じて追加する項目です。

アドレス帳の項目を追加する

個人アドレス帳または共有アドレス帳に、カスタマイズ項目を追加します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [アドレス帳]をクリックします。
  5. [項目の設定]をクリックします。
  6. 「項目の設定」画面で、項目を追加するブックを選択します。
  7. 「項目一覧」画面で、[カスタマイズ項目を追加する]をクリックします。
    カスタマイズ項目を追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「カスタマイズ項目の追加」画面で、必要な項目を設定し、[追加する]をクリックします。
    「カスタマイズ項目の追加」画面
    アドレス帳の項目の設定項目
    次の項目を設定します。
    項目 説明
    項目名 項目の表示名を入力します。
    組み込み項目の項目名は変更できません。
    項目タイプ 項目のタイプを選択します。
    組み込み項目の項目のタイプは変更できません。
    カスタマイズ項目を設定する場合に、選択できる項目タイプは、次のとおりです。
    • 文字列(1行):
      改行できない入力欄です。
    • 文字列(複数行):
      改行できる入力欄です。
    • URL:
      WebサイトのURLを入力する項目です。
    • 画像URL:
      画像ファイルの保存先のURLを入力する項目です。
    • E-mail:
      メールアドレスを入力する項目です。設定によって、メールソフトと連携できます。
    • ファイル:
      アドレス帳にファイルを添付するための項目です。
    • IP電話:
      IP電話の連絡先を入力する項目です。設定によって、IP電話の機能と連携できます。
    項目コード 項目を識別するための固有のコードです。
    組み込み項目の項目コードは変更できません。
    使用 アドレス帳の入力項目として使用するかどうかを選択します。
    一覧表示 「アドレス帳」画面の一覧に項目を表示するかどうかを選択します。
    「標準で表示する」のチェックボックスの選択を外しても、「アドレスの詳細」画面には項目が表示されます。
    必須項目 入力を必須にするかどうかを選択します。
    ユーザー変更不可 ユーザーに設定の変更を許可するかどうかを選択します。
    シングルサインオン ほかのシステムにシングルサインオンでログインする際、ユーザー情報の項目をログイン情報に含める場合に選択します。設定済みのシングルサインオンから選択します。
    次の組み込み項目の場合は、シングルサインオンの項目を設定できません。
    • 路線
    • URL
    • 画像
    カスタマイズ項目の次の項目タイプを選択した場合は、シングルサインオンの項目を設定できません。
    • ファイル
    • URL
    • 画像URL
    詳細は、シングルサインオンの設定を参照してください。
  9. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。
補足
  • 「必須項目にする」と「ユーザーは変更できない」のチェックボックスが両方選択されている場合、ユーザー画面で項目の値が空欄のままアドレスを保存してもエラーは発生しません。
  • ユーザーが変更できない項目は、CSVファイルでデータを管理します。
    詳細は、CSVファイルでのアドレス帳の管理を参照してください。

アドレス帳の項目を変更する

アドレス帳の項目を変更します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [アドレス帳]をクリックします。
  5. [項目の設定]をクリックします。
  6. 「項目の設定」画面で、ブックを選択します。
  7. 「項目一覧」画面で、変更する項目の項目名をクリックします。
  8. 「項目の詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  9. 「項目の変更」画面で、必要に応じて項目を変更します。
    設定項目の詳細は、アドレス帳の項目の設定項目を参照してください。
  10. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

アドレス帳の項目の設定を一括で変更する

アドレス帳の項目を一括で変更します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [アドレス帳]をクリックします。
  5. [項目の設定]をクリックします。
  6. 「項目の設定」画面で、ブックを選択します。
  7. 「項目一覧」画面で、設定を変更する項目のチェックボックスを選択し、[変更する]をクリックします。
    「項目一覧」画面

アドレス帳の項目を順番変更する

アドレス帳のカスタマイズ項目の順番を変更します。
カスタマイズ項目は組み込み項目の下に表示されます。組み込み項目は順番を変更できません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [アドレス帳]をクリックします。
  5. [項目の設定]をクリックします。
  6. 「項目の設定」画面で、ブックを選択します。
  7. 「項目一覧」画面で、[カスタマイズ項目を順番変更する]をクリックします。
    カスタマイズ項目を順番変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  8. 「カスタマイズ項目の順番変更」画面で、カスタマイズ項目の順番を変更します。
    「カスタマイズ項目の順番変更」画面
  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

項目を削除する

カスタマイズ項目を削除します。
組み込み項目は削除できません。
注意
  • カスタマイズ項目を削除すると、項目に登録されている内容も、アドレス帳から削除されます。
    削除したカスタマイズ項目と情報は、元に戻せません。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [システム設定]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [アドレス帳]をクリックします。
  5. [項目の設定]をクリックします。
  6. 「項目の設定」画面で、ブックを選択します。
  7. 「項目一覧」画面で、削除する項目の項目名をクリックします。
  8. 「項目の詳細」画面で、[削除する]をクリックします。
    削除するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
  9. 「項目の削除」画面で、[はい]をクリックします。