施設予約の設定変更

施設グループや施設の予約に関する設定を変更します。
親施設グループの設定を反映したり、予約設定が可能な期間を設定したりできます。
注意
  • 運用管理権限を持つユーザーは、施設予約の設定にかかわらず、自分に権限がある施設や施設グループの予約を登録および変更できます。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [スケジュール]をクリックします。
  5. [施設予約の設定]をクリックします。
  6. 「施設予約の設定」画面で、施設グループを選択し、設定を変更する施設グループ名、または施設名をクリックします。
    設定する施設名が赤枠で囲まれている画像
  7. 「設定の変更」画面の「設定の継承」項目で、所属している親施設グループの内容を反映するかどうかを設定します。
    • 所属している親施設グループの内容を反映しない場合
      「親施設グループの内容を反映する」のチェックボックスの選択を外し、手順8に進みます。
      「親施設グループの内容を反映する」のチェックボックスの選択を外している画像
    • 所属している親施設グループの内容を反映する場合
      「親施設グループの内容を反映する」のチェックボックスを選択し、手順14に進みます。
      「親施設グループの内容を反映する」のチェックボックスを選択している場合は、施設予約のほかの設定は変更できません。
      「親施設グループの内容を反映する」のチェックボックスを選択している画像
    補足
    • 「親施設グループの内容を反映する」のチェックボックスを選択した場合、施設予約の設定は、次のように継承されます。
      • 施設グループが複数の階層を持っている場合
        1つ上の階層の施設グループの設定が継承されます。
        1つ上の施設グループが、その親の施設の設定を継承している場合、さらに上の階層の施設グループの設定が継承されます。
      • 上の階層に施設グループがない場合
        「施設予約の一括設定」画面で設定した値が適用されます。
      • 施設や施設グループを移動した場合
        変更先の親施設グループの設定が継承されます。
        親施設グループの設定を変更すると、継承している施設グループと施設にも変更した内容が反映されます。
      • 施設を追加した場合
        所属する施設グループの設定が適用されます。
  8. 「予約設定の可能な期間」項目で、施設を何ヶ月先まで予約できるかを設定します。
    設定できる期間は、次のとおりです。
    • 無制限
    • 上限を指定する
      半角数字で上限を入力します。
      1ヶ月単位で設定できます。
    「予約設定の可能な期間」項目を設定している画像
  9. 「予約設定の可能な最大時間」項目で、1回あたりに予約できる最大の時間を設定します。
    設定できる時間は、次のとおりです。
    • 無制限:
      24時間以上の予約を許可する場合は、「無制限」を選択します。
    • 時間を指定する:
      ドロップダウンリストから、23時間30分までの30分単位で選択します。
    「予約設定の可能な最大時間」項目を設定している画像
  10. 「予約を変更可能なユーザー」項目で、施設予約を変更できるユーザーを選択します。
    選択できるユーザーは、次のとおりです。
    • 予約者のみ
    • 予約者と共有メンバー
    • アクセス権のあるすべてのユーザー
    「予約を変更可能なユーザー」項目を設定している画像
  11. 「一覧でのメモ表示」項目で、施設に設定されているメモの内容を表示するかどうかを設定します。
    「一覧でのメモ表示」項目を設定している画像
    「表示する」のチェックボックスを選択すると、施設の一覧画面に、施設に設定されているメモを表示することができます。
    スケジュールにメモを表示している画像
  12. 「繰り返しの施設予約」項目で、施設の繰り返し予約を許可するかどうかを設定します。
    「登録できる」のチェックボックスを選択すると、ユーザーは、施設の繰り返し予定を登録できるようになります。
    繰り返し予定に設定されている施設は、「登録できる」のチェックボックスの選択を外しても、予定期間が終了するまで繰り返しの施設予約が有効です。
    「繰り返しの施設予約」項目を設定している画像
  13. 「施設の利用申請」項目で、施設の利用時に施設の運用管理者の承認を必要とするかどうかを設定します。
    「有効にする」のチェックボックスを選択すると、ユーザーは、施設の利用時に承認が必要になります。
    「施設の利用申請」項目を設定している画像
    「施設の利用申請」項目で、[利用申請の処理者を確認する]をクリックすると、選択している施設グループ、または所属する施設グループと、親施設グループの運用管理権限を確認できます。
    利用申請の処理者を確認するリンクが赤枠で囲まれている 画像
    [利用申請の処理者を確認する]をクリックし、「利用申請の処理者の確認」ダイアログで[運用管理権限を設定する]をクリックすると、施設グループの運用管理権限の設定をすることができます。
    運用管理権限を設定するリンクが赤枠で囲まれている画像
    補足
    • 施設の利用申請を承認または却下できるのは、施設グループの運用管理者だけです。施設の利用申請は、通常予定でのみ使用できます。
      詳細は、施設の利用申請を処理する方法を参照してください。
    • 繰り返し予定に設定されている施設が、利用申請が必要な施設に変更された場合、エラーが発生してユーザーが予定を変更できません。施設の運用管理者だけが、その予定を変更できます。
  14. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

施設予約の項目を一括設定する

施設や施設グループごとの施設予約の項目を一括で設定します。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。
  4. [スケジュール]をクリックします。
  5. [施設予約の設定]をクリックします。
  6. 「施設予約の設定」画面で、[施設予約の一括設定]をクリックします。
    施設予約の一括設定リンクが赤枠で囲まれている画像
  7. 「施設予約の一括設定」画面で、必要な項目を変更します。
  8. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。
    すべての施設グループと施設に設定した内容が適用されます。